鈴木誠也 スポーツ名言
鈴木誠也 雑誌表紙

鈴木誠也 

33件中 1 - 20件を表示
丸佳浩は“逆シリーズ男”なのか?復活のカギは三振と四球にアリ!

プロ野球亭日乗

丸佳浩は“逆シリーズ男”なのか?
復活のカギは三振と四球にアリ!

9対8の壮絶な乱打戦。「いや……もう本当に凄いと思います」本拠地・ヤフオクドームでシリーズ通算10連勝、今シリーズの初勝利を… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2018/10/31

巨人打線を「プラン通り」に抑えた。エース大瀬良大地、勝利以上の仕事。

プロ野球亭日乗

巨人打線を「プラン通り」に抑えた。
エース大瀬良大地、勝利以上の仕事。

リーグ優勝を果たした1位チームがクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージを戦う難しさを、かつての巨人・原辰徳監督… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2018/10/18

広島の中心は鈴木誠也と大瀬良大地。昨年戦力になれなかった2人の逆襲。

炎の一筆入魂

広島の中心は鈴木誠也と大瀬良大地。
昨年戦力になれなかった2人の逆襲。

クライマックス・シリーズ(以下CS)ファイナルステージが17日、初戦を迎える。3連覇した広島がファーストステージを2連勝で突破… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/10/17

カープ優勝のために外したブレーキ。鈴木誠也が戦う「あの日」の記憶。

炎の一筆入魂

カープ優勝のために外したブレーキ。
鈴木誠也が戦う「あの日」の記憶。

あの日から399日――。広島の鈴木誠也は、すべて解放されたような表情を見せた。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/09/28

「大事な試合」に勝ち続けて3連覇。カープは日本一で花道を飾れるか。

Number Ex

「大事な試合」に勝ち続けて3連覇。
カープは日本一で花道を飾れるか。

9月26日の歓喜の優勝から、遡ること5カ月。快晴のゴールデンウィーク初日のマツダスタジアムは、この日も当然のように満員だった… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2018/09/27

阪神はなぜ、広島に勝てないのか。両軍に見る育成スパイラルの差。

プロ野球PRESS

阪神はなぜ、広島に勝てないのか。
両軍に見る育成スパイラルの差。

陽川尚将が苦しんでいますね。新外国人のロサリオが不振で二軍、糸井が故障で離脱している間は打ちまくっていましたが、各球団と… 続きを読む

藪恵壹Keiichi Yabu

2018/07/27

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。広島カープの「真の機動力」とは?

炎の一筆入魂

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。
広島カープの「真の機動力」とは?

広島のお家芸は、今年も健在だ。中日を本拠地マツダスタジアムに迎えた開幕3連戦。一発あり、小技あり、連打ありと多彩な攻撃で3… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/04/03

広島は一軍帯同選手に新人ゼロ!高卒から名選手へ、奇跡の育成力。

炎の一筆入魂

広島は一軍帯同選手に新人ゼロ!
高卒から名選手へ、奇跡の育成力。

球春到来――。2月1日からプロ野球の春季キャンプが始まる。ユニホームを着た選手たちの姿に、プロ野球のシーズンの幕開けを感じ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/01/23

カープは3連覇&日本一へ団結する。10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。

炎の一筆入魂

カープは3連覇&日本一へ団結する。
10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。

「広島は強かった」――。2017 年のセ・リーグペナントレースを振り返るとき、多くの人がそう答えるだろう。確かに、2位阪神に10… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/01/02

機動力の広島で、鈍足の4番が光る。松山竜平「新井さんゆっくりして」

炎の一筆入魂

機動力の広島で、鈍足の4番が光る。
松山竜平「新井さんゆっくりして」

広島野球の伝統、といえば、機動力野球だろう。今季新たに4番を務めた鈴木誠也は“走れる4番”として、自己最多タイの16盗塁を記… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/12/20

鈴木誠也、ケガ離脱後の大変身!?練習場に響く異様な打撃音が……。

炎の一筆入魂

鈴木誠也、ケガ離脱後の大変身!?
練習場に響く異様な打撃音が……。

人気のない屋内練習場に突如、マシン音とともに、ガツンという打球音が響いた。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/11/20

この人がいなければ優勝は無かった。河田雄祐が広島に残した大切なもの。

炎の一筆入魂

この人がいなければ優勝は無かった。
河田雄祐が広島に残した大切なもの。

初見の人は驚くかもしれない。声は大きい、言葉はきつい。そして豪快に笑う。広島カープの河田雄祐・外野守備走塁コーチの周りに… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/10/09

離脱者さえも連覇の戦力にした広島。選手層より大切な「カバーする力」。

炎の一筆入魂

離脱者さえも連覇の戦力にした広島。
選手層より大切な「カバーする力」。

9月18日、甲子園球場のマウンドに歓喜の真っ赤な輪が生まれた。そこへ球団スタッフに肩を借り、歩み寄る鈴木誠也を松山竜平は笑… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/09/25

「3番として100点満点」の丸佳浩。出塁率リーグトップに至るまでの道。

炎の一筆入魂

「3番として100点満点」の丸佳浩。
出塁率リーグトップに至るまでの道。

「不器用なんで」と言い続けた男が、プロ10年目で新たな境地に足を踏み入れようとしている。広島打線の不動の3番となった丸佳浩… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/06/16

歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。

プロ野球亭日乗

歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。
采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。

巨人が7日の西武戦に敗れ、球団史上ワーストの12連敗を記録した。「(12連敗は)現実なのでそれを現実として受け止めないといけ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/06/08

広島が仕掛ける打順革命、思想は?新井が5番ではなく6番に座る理由。

炎の一筆入魂

広島が仕掛ける打順革命、思想は?
新井が5番ではなく6番に座る理由。

今年も広島打線は他球団の猛威となっている。交流戦までの49試合(5月28日現在)で、いずれもトップの打率2割7分8厘は、チーム打… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/05/29

ショートに、ファーストに、外野でも。広島の“何色にも染まる男”安部友裕。

炎の一筆入魂

ショートに、ファーストに、外野でも。
広島の“何色にも染まる男”安部友裕。

今年も広島打線は活発だ。12球団トップの得点力でクリス・ジョンソンや中崎翔太を欠く投手陣を支えている。新井貴浩やブラッド・… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/05/12

「WBC後遺症」の議論に意味はない。秋山も、筒香も、誠也も、大丈夫だ。

野球善哉

「WBC後遺症」の議論に意味はない。
秋山も、筒香も、誠也も、大丈夫だ。

その質問をしたときの彼らの反応は、決していいものではなかった。彼ら――。シーズン開幕直前までワールドベースボールクラシッ… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2017/05/05

則本と牧田の登板順を徹底検証!9回と11回は必要な能力が違う?

プロ野球亭日乗

則本と牧田の登板順を徹底検証!
9回と11回は必要な能力が違う?

大会史上初のタイブレークに突入したオランダ戦。先攻の侍ジャパンは延長11回無死一、二塁から鈴木誠也(広島)がきっちり送って… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/03/13

鈴木誠也が化けたきっかけはU21!?野球で、国際大会の成績は重要か。

詳説日本野球研究

鈴木誠也が化けたきっかけはU21!?
野球で、国際大会の成績は重要か。

侍ジャパンのオフィシャルサイトの上部にあるメニューバーには「トップ」「社会人」「U-23/U-21」「大学」「U-18」「U-15」「U-… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2017/03/09

ページトップ