野球善哉BACK NUMBER

菊池雄星がSBに打たれる理由とは。
キーワードは「カットボール」。

posted2018/10/18 11:40

 
菊池雄星がSBに打たれる理由とは。キーワードは「カットボール」。<Number Web> photograph by Kyodo News

エース菊池雄星で初戦を落とした西武ライオンズ。2度目の先発もありそうだが果たして。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 CSファイナルのために用意されたメットライフドームに隣接するプレスルームのモニターで試合を眺めていると、この日の殊勲となった川島慶三のコメントが聞こえてきた。

「打ったのはカットボール。逆転された後だったので、もう1回逆転できてよかったです」

 4回表のことだ。

 1点を追うソフトバンクは、相手先発・菊池雄星から先頭のデスパイネが中前安打で出塁、中村晃、松田宣浩のふたりが走者を進められなかった。しかし2死から8番の西田哲朗が右翼前安打でチャンスメーク、続く甲斐拓也が粘って四球として、川島を迎えた。

 1ボールからのストレートがアウトコース低めにややはずれた後の3球目。川島は菊池のスライダーをとらえると、左翼前に弾き返したのだった。

 この逆転打で勢いに乗ったソフトバンクは、続く上林誠知、グラシアルにもタイムリーがでて、一気に5得点を挙げて試合の大勢を決めた。

 2死一、二塁から甲斐が粘って選んだのがスライダーなら、川島、上林、グラシアルが打ったのも全てスライダーだ。

ソフトバンクが菊池に強い理由。

 これまでの9年間で13勝1敗とカモにしてきた西武のエース・菊池を今回も粉砕。改めて、ソフトバンク打線の脅威を感じた。

 なぜ、ソフトバンクは菊池を打てるのだろうか。

 ソフトバンクと菊池の対決について語られてきたのは「菊池が苦手なソフトバンク」といった、菊池側からの視点ばかりだった。

 しかし逆に、ソフトバンクが菊池を得意にしている理由もあるはずだ。

【次ページ】 菊池のスライダーがカモにされている。

1 2 3 NEXT
埼玉西武ライオンズ
川島慶三
菊池雄星

プロ野球の前後のコラム

ページトップ