プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人打線を「プラン通り」に抑えた。
エース大瀬良大地、勝利以上の仕事。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/18 12:15

巨人打線を「プラン通り」に抑えた。エース大瀬良大地、勝利以上の仕事。<Number Web> photograph by Kyodo News

大瀬良大地は今季15勝を挙げて、巨人の菅野智之と最多勝タイトルを分け合っている。

大瀬良「プラン通りです」

「シーズン中の反応を踏まえていこうと思った。プラン通りです」

 試合後の大瀬良だ。

 ボールから入ってカウントを作り、最後の2球は田中の苦手な内角を抉って詰まらせて仕留める。

 むしろ相手の攻撃の選択肢をエンドランに絞り込んでいくような配球で、その通りに田中を仕留めて巨人の勢いを止めた。

 まさにエースのピッチングだったのである。

「タナキクマル」の広島打線が機能。

 その裏のカープの攻撃では、今度は全く同じ無死一塁で2番の菊池涼介内野手がエンドランを成功させる。1ボールから巨人先発のメルセデス投手の外角144キロの真っすぐを中前に弾き返して無死一、三塁とチャンスを広げた。

「強く打とうと思い切っていった。2番の仕事ができた」

 菊池がこう胸を張った通りに、続く3番・丸佳浩外野手の内野ゴロの間に貴重な先制点を奪うことになる。

「タナキクマル」の広島打線が機能して、がっぷり四つに組んだ初回の攻防は広島に軍配が上がったわけだ。

 実戦から離れていた広島に、シーズン中の勢いが蘇った先制点でもあった。

 もちろん4回に飛び出した4番・鈴木誠也外野手の2ラン、7回の丸の一発も大きかったのは言うまでもない。

 ただ、下克上のムードに乗って広島に乗り込んで来た巨人の勢いを止めたのは、やっぱりエースの大胆なピッチングだった。

 この日の大瀬良の最大のピンチは6回だった。

 1死一、二塁で打席の岡本和真内野手への初球は128キロの甘いスライダーだったが、これを岡本が打ち損じて捕飛に倒れた。ただ、これも単なる打ち損じではなく、2回の第1打席で徹底的にインコースを攻めて、その残像があったことも起因しているはずだ。

【次ページ】 エースの仕事は勝つだけではない。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大瀬良大地
緒方孝市
高橋由伸
田中俊太
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ
菊池涼介
メルセデス
丸佳浩
鈴木誠也
岡本和真

プロ野球の前後のコラム

ページトップ