プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人打線を「プラン通り」に抑えた。
エース大瀬良大地、勝利以上の仕事。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/18 12:15

巨人打線を「プラン通り」に抑えた。エース大瀬良大地、勝利以上の仕事。<Number Web> photograph by Kyodo News

大瀬良大地は今季15勝を挙げて、巨人の菅野智之と最多勝タイトルを分け合っている。

エースの仕事は勝つだけではない。

「短期決戦。大胆にいくところは大胆にいった」

 大瀬良は、なおも2死満塁のピンチで長野久義外野手を二飛に仕留めて切り抜けたシーンを、こう語っている。

「大地の投球に尽きる。初回から力が入っていたけれど、落ち着いてしっかり投げてくれた」

 緒方孝市監督がこう振り返った大瀬良のピッチング。

 エースの仕事とは単に勝つことだけではなく、相手の勢いを止めて主導権を握る投球ができるかだ。

 そのことをいきなり示した大瀬良のマウンドだった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大瀬良大地
緒方孝市
高橋由伸
田中俊太
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ
菊池涼介
メルセデス
丸佳浩
鈴木誠也
岡本和真

プロ野球の前後のコラム

ページトップ