欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

アーセナルでエメリが探す新布陣。
ガードは不安でも4-3-3が最適か。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byUniphoto press

posted2018/09/07 17:00

アーセナルでエメリが探す新布陣。ガードは不安でも4-3-3が最適か。<Number Web> photograph by Uniphoto press

監督は代われど、アーセナルの攻撃を担うのはやはりオーバメヤン(左)とエジルだ。

攻撃は最大の防御なり、で。

 もちろん、その他のプランも考えられる。トレイラがアンカー、その前にエジル、ラムジー、前線がヘンリク・ムヒタリアン、ラカゼット、オーバメヤンという布陣は超攻撃的で楽しそうだ。

 エジルとムヒタリアンの守備力、ラムジーの守備意識を踏まえると、トレイラの負担が大きすぎるとの批判も聞こえてきそうだが、欠点ばかり気にせず、自分たちの特徴を最大限にアピールする……要するに“攻撃は最大の防御なり”という考え方も、アーセナルなら許される。ガードが不安な4-3-3も決して悪くない。むしろ観てみたい。

 ジョゼ・モウリーニョ監督就任後、3シーズン目を迎えても基本コンセプトが不明瞭なマンチェスター・ユナイテッドのようなチームもある。新生アーセナルはスタートしたばかりなのだから、焦る必要はない。

 めざす方向をエメリが明らかにし、戦略・戦術に適した選手を積極的に起用していけば、徐々にリズムも出てくるだろう。わずか4試合で答えが見つかってしまっては、何の楽しみもない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
アーセナル
ピエール・エメリク・オーバメヤン
ペトル・チェフ
メスト・エジル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ