欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

アーセナルでエメリが探す新布陣。
ガードは不安でも4-3-3が最適か。

posted2018/09/07 17:00

 
アーセナルでエメリが探す新布陣。ガードは不安でも4-3-3が最適か。<Number Web> photograph by Uniphoto press

監督は代われど、アーセナルの攻撃を担うのはやはりオーバメヤン(左)とエジルだ。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

 マンチェスター・シティとチェルシーに敗れ、ウェストハムとカーディフには勝利を収めた。第4節を終えて2勝2敗。新生アーセナルはまずまずのスタートだ。よくもなければ、絶望的になるほど悪くもない。

 4試合とも守りの脆さが目立ったものの、それはアーセン・ベンゲル前監督が22年にわたって手をつけなかった懸案である。新任ウナイ・エメリ監督が、一朝一夕にして解決できる問題ではない。

 ただ、メンバーは一考する必要がある。

 バレンシア、セビージャ、パリSGと、エメリは最後方から丁寧につなぐスタイルを身上としてきた。だが、GKペトル・チェフにビルドアップのセンスはない。しかも、昨シーズンから足の運びが悪くなり、守備範囲もすっかり狭くなった。明らかに衰えている。

 なぜ、ベルント・レノを起用しないのだろうか。シュートストップでチェフを上まわり、つなぐ技術も申し分ないのだから、すぐにでも正GKを交代すべきだ。

マブロパノスを抜擢してみては?

 シュコドゥラン・ムスタフィ、ソクラティス・パパスタソプーロスは、つなげるCBではない。両選手ともプレスをかけられるとおどおどし、タッチに逃げるか、マークされている味方に無責任なパスを送るかの二択である。

 せっかくの新チームなのだから、思い切った人選を試みてはどうだろうか。コンスタンティノス・マブロパノスである。21歳の有望株で、フィードに定評がある。昨シーズン第37節のレスター戦で一発退場の愚を犯しているため、今シーズンはベンチ入りさえできていないとはいえ、エメリのスタイルに適しているはずのCBだ。

 アキレス腱を負傷しているローラン・コシェルニーは、11月まで復帰できない。だからこそエメリは、やむをえずムスタフィとソクラティスを優先せざるをえなかった。

 まして後者は、強化部門の責任者であるズベン・ミズリンタットが獲得している。無益な争いはまだ避けたい。しかし、自分のスタイルにこだわるのであれば、将来性も含めてマブロパノスを抜擢すべきだ。

【次ページ】 中盤の一角にトレイラはどうか。

1 2 3 4 NEXT
アーセナル
ピエール・エメリク・オーバメヤン
ペトル・チェフ
メスト・エジル

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ