Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<世界一の資金力を携えて>
プレミアリーグ、“最興”から“最強”へ。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/09/11 16:00

<世界一の資金力を携えて>プレミアリーグ、“最興”から“最強”へ。<Number Web> photograph by Getty Images

'17-18シーズン、マンCは連勝を続け5試合を残し優勝。2位のマンUが最下位WBAに敗北を喫したため、ファンの想定より早く決定した。

 莫大な放映権収入を元に存在感を高めるプレミアリーグ。
 中でも注目したいのは、3部転落を経るも昨季通算3度目のプレミア制覇を果たしたマンチェスター・シティである。
 成功の背景にあるのは、アブダビ首長国の潤沢な資金を後ろ盾にした大規模改革だ。今、彼らが目論む壮大な計画とは。

 プレミアリーグを世界で「最強」とする意見には異論もあるだろう。しかし、“最興”との見方には誰もが同感に違いない。

 1992年に、サッカーと収益のレベルアップを期してフットボールリーグ(現2~4部)から独立したイングランドの1部リーグは、200カ国以上でテレビ観戦者を集める世界で「最も観られている」リーグに発展した。人気のバロメーターでもある放映権料は、2019年までの現行3年契約で、国内外総額84億ポンド(約1兆2000億円)にまで高騰している。


 国内分は50%、海外分は全額が、全20チームに均等に分配される放映権収入は、今やプレミア勢にとって入場料収入を遥かに凌ぐ主要収入源。2019~'20シーズンからは上位6チームの取り分が増えるが、順位毎の賞金などを合わせたリーグからの報酬額に見られる格差は、最大でも1.8倍程度と、1.6倍弱の現状と大きくは変わらない。昨季は、首位のマンチェスター・シティが1億5000万ポンド(約213億円)のリーグ報酬を得る一方で、最下位のウェストブロムウィッチも9500万ポンド(約135億円)を受け取った。結果的にリーグ全体の高い競争性が、楽勝カードなど存在しないスリルとなり、只でさえ画面を通しても伝わる迫力を備えているプレミアの人気、延いては各国メディアの放映権購入意欲に拍車を掛ける。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3064文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

イニエスタ来た!楽天の野望を追え
マンチェスター・シティ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ