月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

代表監督とSMAP解散の報道は同じ?
スポーツ紙を動かすのは誰なのか。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2018/07/31 07:00

代表監督とSMAP解散の報道は同じ?スポーツ紙を動かすのは誰なのか。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

U-21代表監督と兼任になる森保一新監督。初陣は9月7日のチリ代表戦。

トップの酷さを教えてくれた一般紙。

「"ピンチはチャンス"という発想で、暑さ対策で日本のイノベーションを世界に発信する機会とも捉えた」と日刊スポーツはフォローするが、そもそもピンチを招いたのは誰なのだろう。

 実際、一般紙にはこういう指摘もあった。

「誘致の際、『トーキョーの夏は晴れる日が多く温暖で理想的な気候』と説明してきた。開催を勝ち取るための方便だった、などといって済ますわけにはいかない」(日経新聞・春秋7月24日)

 東京新聞(こちら特報部・デスクメモ)も呆れていた。

「二十四日の日刊スポーツに東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長のインタビューが載っていた。この酷暑を生かし、本番に向けて対策の効果を実証すると意気込む。だが、頭をよぎったのは無謀な戦いの代名詞、インパール作戦だった」

 今回の森喜朗氏のような「方便」で日本は戦争に負けたんだろうなぁとすら想像してしまった。

 日刊スポーツの森喜朗インタビューは一般紙を含めてこの週の最注目記事だったと私は思う。トップの酷さを教えてくれた。

 以上、7月のスポーツ新聞時評でした。

関連記事

BACK 1 2 3 4
森保一
SMAP
森喜朗

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ