ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

W杯ロスに見逃し配信はいかが?
マルチアングルで超絶技巧を再び! 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

posted2018/07/17 17:00

W杯ロスに見逃し配信はいかが?マルチアングルで超絶技巧を再び!<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

ベルギーの高速カウンターを様々なカメラ視点で見ると、個人能力と連動性が高い次元で融合しているのがよく分かる。

日本が屈した、あの強烈なカウンター。

 特に強烈な印象を残すのは、ベルギー戦のあのラストプレーである。本田圭佑のCKをクルトワがキャッチした瞬間にアザール、デブライネが反応する。そこからのデブライネのドリブルと絶妙な斜め前方へのパス、ムニエのダイレクトでの折り返し、後ろに目がついているかのようなルカクのスルー、そして……。クルトワから9秒台で完結した“悪魔のカウンター”の凄み。日本にとっては悪夢の一撃だったが、何度見ても正直美しいとしか言いようがない。

 ほかに「戦術カメラ」向きの高速カウンターと言えば、フランスのムバッペが見せた、アルゼンチン戦でのドリブルからのPK奪取も外せない。こちらはアプリ(1:04:00付近からスタート)だけでしか見られないが、ファーストタッチでまずタグリアフィコを置き去りにし、必死にカバーに入ったマスチェラーノから離れるようなコース取りでドリブルする。

 そして最後の砦であるDFロホのファールを誘うかのように、ボールを大きく蹴り出し、狙い通りPKを得たことが分かる。最高時速44kmと言われる超スピードとともに、冷静なプレー判断も次代のスーパースター候補であることを感じさせる。

監督の表情が分かる「ベンチ」も。

 ちなみにピッチ外の様子を捉えた「ベンチ」も興味深い。これは文字通り、両チームで指揮を執る監督を中心としたベンチの様子を捉えたものだ。例えば日本vs.コロンビア。大迫勇也の決勝ゴールが決まった瞬間、「ベンチ(右)」では西野朗監督の様子を捉えている。

 西野監督と選手たちのハイタッチが“空振り”に終わったことは、すでに報じられるところだ。ただ、その後の西野監督の振る舞いこそが本質だろう。

 ボトルの水を口にした後、わずかばかり笑顔を見せた西野監督だったが、選手やスタッフが歓喜に沸く中でいち早く真剣な表情に戻る。それは勝ち点3を奪うために集中し直す勝負師の顔だった。これもまた、W杯という極限の舞台で戦う人が見せる魅力だろう。

 とにもかくにも、超絶のスーパープレーを堪能するもよし、「5レーン」など最先端の戦術を分析するもよし。

 W杯は終わっても、W杯を楽しみ、W杯から学べる期間はまだまだある。

日本代表 未来への扉。

Sports Graphic Number 2018/7/17特別増刊

日本代表 未来への扉。

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

乾貴士
フィリペ・コウチーニョ
ルカ・モドリッチ
ティボー・クルトワ
西野朗
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ