サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

日本らしさを表現し尽した90分間。
この敗戦がいつか大きな財産になる。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

posted2018/07/03 11:50

日本らしさを表現し尽した90分間。この敗戦がいつか大きな財産になる。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

ベルギー戦を終えた日本代表。ロシアの地での4試合は、かけがえのない財産となった。

ベルギーが2枚替え、日本は動きづらい状況。

 0-0で迎えた後半開始直後には、柴崎岳の芸術品のようなスルーパスから、原口が左サイドネットへファインゴールを突き刺す。

 FIFAランキング3位のベルギーに見舞った強烈な先制弾は、しかし、スタジアムを驚きに包むプロローグに過ぎない。1-0とした4分後の52分、ペナルティエリア外やや左から、乾がゴール右スミへ無回転の一撃を叩き込んだのだ。

 ベルギーは65分に選手を2人入れ替え、システムも4バックに変更する。一方の西野朗監督は動かない。「2点取ってメンバーもそのままで、3点目という気持ちが非常に強かった」と振り返る。ややオープンな展開のなかで引き続き相手ゴールに迫れており、スタメンの選手たちの動きはまだ鈍くない。采配で動きにくかったのは確かである。

 1点を先制した直後にアザールのシュートが右ポストを叩くなど、日本には運もあった。決定機を外し続けているうちにリードを広げられたベルギーが、典型的な負けパターンに陥りつつあると考えることもできただろう。

吹っ切れたベルギーの猛攻。

 ところが、ベルギーの選手たちはまったく異なる反応を見せる。

「0-2になって、選手たちは『もう何も失うものはない。何でもやってやろう』という気持ちになったのだと思う」

 こう語ったのはマルティネス監督である。スペイン人指揮官による65分の選手交代も、得点を奪うための具体的な解決策と成り得た。フェライニが右サイドを中盤から前線までカバーし、シャドリは左サイドを槍のように突き進む。2人の交代選手が、攻撃にはっきりとした変化を生み出していくのだ。

 そして69分、日本のゴールネットが揺れる。乾のクリアボールがペナルティエリア左へ舞い上がると、CKの流れで前線に残っていたDFヤン・ベルトンゲンがヘディングでゴール前へ折り返す。これがGK川島永嗣の頭上を越え、ゴール右上に吸い込まれたのだ。

「少しラッキーな得点だった」とマルティネス監督は話す。だが、それまで幸運に恵まれていなかったチームの「絶対にベスト8へ入りたいという欲望がそうさせたのだと思う」とも言う。

【次ページ】 デブライネから右へ、そしてシャドリが……。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西野朗
柴崎岳
原口元気
乾貴士
大迫勇也
エデン・アザール
ロメル・ルカク
マルアン・フェライニ
ロベルト・マルティネス
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ