フランス・フットボール通信BACK NUMBER

イニエスタ「パスこそが最善の方法」
シャビらが語るその本当の特別さ。 

text by

パトリック・ウルビニ

パトリック・ウルビニPatrick Urbini

PROFILE

photograph byFlorent Torchut

posted2018/06/25 07:00

イニエスタ「パスこそが最善の方法」シャビらが語るその本当の特別さ。<Number Web> photograph by Florent Torchut

イニエスタの故郷、人口2000人ほどのフエンテアルビージャ村。広場には、2010年のW杯決勝で伝説のゴールを決めたヒーローの銅像が立つ。

「イニエスタのプレーは誰にも真似できない」

 再びシャビが語る。

「ひとたび相手を抜き去ると、彼は即座にラストパスを考える。これは誰にも真似のできないことで……どうすれば相手の背後にボールを出せるかを、イニエスタは本能的に理解しているんだ」

 ショートかロングか。

 サポートはあるのかないのか。

 足元かスペースか……。

 動きの質と味方への呼びかけがすべてを決めるバルサでは、イニエスタはどんなときも選択の機会を得ることができた。いつ、どこで、誰と、どうやって……。

あらゆるプレーが芸術的だった。

 印象に残るのは、バルサのユニフォームを最後に着たレアル・ソシエダとの試合での、ジョルディ・アルバとのパス交換だった。

 テア・シュテゲンの手から放たれたボールをペナルティエリア手前で受けると、10mほどドリブルで進み、ひとり左サイドに残っていたアルバの左に繊細なパスを送り、自身はするすると前線へと上がっていった。そしてゴール前30mで再びボールを受け、さらに繊細なタッチのドリブルでイジャラメンディをかわし、ファールを誘ったのだった。

 イニエスタはサッカーのすべてをカタルシスへと昇華させる。

ロシアW杯蹴球読本RUSSIA WORLD CUP 2018

Sports Graphic Number PLUS June 2018

ロシアW杯蹴球読本
RUSSIA WORLD CUP 2018

 

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
アンドレス・イニエスタ
ジョゼップ・グアルディオラ
リオネル・メッシ
バルセロナ
シャビ・エルナンデス
ロシアW杯
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ