フランス・フットボール通信BACK NUMBER

アッレグリ? ジダン? それとも……。
そろそろPSGは監督を新しくするべき。 

text by

クリストフ・ラルシェ

クリストフ・ラルシェChristophe Larcher

PROFILE

photograph byAlain Mounic

posted2018/03/29 11:15

アッレグリ? ジダン? それとも……。そろそろPSGは監督を新しくするべき。<Number Web> photograph by Alain Mounic

左から、アンチェロッティ(前バイエルン監督)、アッレグリ(ユベントス監督)、ジダン(レアル・マドリー監督)。

現オーナーにとって監督最有力候補だった男。

●アーセン・ベンゲル(フランス、68歳)

 22年に及ぶ「高貴」とさえ言えるクラブへの貢献の後、近年は継続的な停滞を示しているベンゲルは、クラブ内のポジションも微妙となっている。

 最大の問題は、今日のトップレベルのサッカーに彼が対応できていないことである。だが、信義に厚いベンゲルは、契約が終了する2019年までは任期をまっとうすることを明らかにしている。

◆FFの評価

 QSIがクラブを買収した2011年の段階では、ベンゲルが監督の最有力候補であった。紳士にして世界的に名の知れたベンゲルは、ヨーロッパ制覇を目論むPSGにはまさに理想的な人物であった。だが、今日では、そのイメージは覆っている。アーセナルを世界最先端に刷新したベンゲルが、トップレベルから取り残され苦しんでいる。再生への展望も見いだされずにいる。

★PSGへの貢献可能=5/10

 さらにFF誌は、以下の3人についても言及している。

●アントニオ・コンテ(イタリア、48歳)

★PSGへの貢献可能性=4/10

●ロベルト・マンチーニ(イタリア、53歳)

★PSGへの貢献可能性=4/10

●ディエゴ・シメオネ(アルゼンチン、47歳)

★PSGへの貢献可能性=4/10

 いずれ名前も実績もある監督たちだが、ヨーロッパの頂点を極めるのは決して簡単ではない。たとえクラブが、そこに至るまでの手段を有しているにしても。

関連記事

BACK 1 2 3 4
パリ・サンジェルマン
PSG
カルロ・アンチェロッティ
マッシミリアーノ・アッレグリ
ルイス・エンリケ
ジネディーヌ・ジダン
マウリシオ・ポチェッティーノ
アーセン・ベンゲル
アントニオ・コンテ
ロベルト・マンチーニ
ディエゴ・シメオネ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ