フランス・フットボール通信BACK NUMBER

アッレグリ? ジダン? それとも……。
そろそろPSGは監督を新しくするべき。

posted2018/03/29 11:15

 
アッレグリ? ジダン? それとも……。そろそろPSGは監督を新しくするべき。<Number Web> photograph by Alain Mounic

左から、アンチェロッティ(前バイエルン監督)、アッレグリ(ユベントス監督)、ジダン(レアル・マドリー監督)。

text by

クリストフ・ラルシェ

クリストフ・ラルシェChristophe Larcher

PROFILE

photograph by

Alain Mounic

 2011年にニコラ・サルコジ大統領(当時)の仲介により「カタール・スポーツ・インベストメンツ(QSI)」に買収されたパリ・サンジェルマンは、財政規模や選手の顔ぶれ、その野心においてヨーロッパのトップクラブのひとつとなった。

 だが、今季もまたチャンピオンズリーグでは、レアル・マドリーに行く手を阻まれラウンド16で敗退。頂点への展望すら抱けずにいる。

 生みの苦しみといえばそれまでだが、原因はどこにあるのか。

『フランス・フットボール』誌はその一端が監督にあると結論づけている。

 セビージャをUEFAヨーロッパリーグ3連覇に導いたウナイ・エメリは、ヨーロッパの頂点を目指す監督としては相応しくなかった。

 ならば誰が適任者であるのか?

 ペップ・グアルディオラやジョゼ・モウリーニョ、ユルゲン・クロップといった北イングランドで指揮を執る監督たちには、クラブを替わる可能性がほぼない。3月13日発売号で、クリストフ・ラルシェ記者が候補者を分析する。

監修:田村修一

かつてのPSGを知り、今も近い立場にある男。

 ヨーロッパの階段を駆け登るためにパリ・サンジェルマンは、経験とカリスマ性、野心をあわせ持つビッグネームを監督に据える必要がある。潜在的な候補者をFFが独自に評価した。

●カルロ・アンチェロッティ(イタリア、58歳)

 昨年9月にバイエルンの監督を解任されて以来、「カルレット」(アンチェロッティの愛称)には所属先がない。

 ここ数カ月の彼は、国際シーンの動向をじっと観察し続けている。2011年から2013年に指揮を執ったPSGともコンタクトを取っている。選手として2度、監督では3度チャンピオンズリーグを制覇し、パルマ、ユベントス、ミラン、チェルシー、レアル、バイエルンでキャリアを築いてきた彼は、電話やSNSでふたりのチアゴ(チアゴ・シウバとチアゴ・モッタ)から、PSGの情報を継続的に入手しているという。

 PSG監督時代の彼は、即座の結果を求めるクラブ首脳に苛立ち、レオナルドGMとの関係も冷え切ってしまい、自らのプロジェクトを実現することなくクラブを去った。

 だが、ナセル・アルケライフィ会長に怒って辞めたわけではなく、他のクラブでもベルルスコーニ、アブラモビッチ、ペレスらとは今も良好な関係を保っている。そして何よりも、PSGへの復帰に前向きであるという。

◆FF(『フランス・フットボール』誌)の評価

 もしもQSIが2013年に彼を雇用し続ける見識があったら、PSGは少なくとも10年はチャンピオンズリーグ優勝に絡み続けられただろう。今日のPSGはさらに規模を拡大しているが、彼にはそれに対応できる重厚さがある。

 クラブをさらに高いサイクルへと導くことができるだろう。彼の名前はクラブの野心と同義である。

 ロッカールームが解任を求めていたとはいえ、CLグループリーグでバイエルンがPSGに0-3と完敗を喫したのは、彼の獲得を目論む一派には衝撃だった。22年に及ぶ監督生活での、例外的なエピソードであると思いたい。

★PSGへの貢献可能性=9/10 (10点満点中の9点。以下同様の表示)

【次ページ】 第一級の戦術家にしてファッショナブルな男。

1 2 3 4 NEXT
パリ・サンジェルマン
PSG
カルロ・アンチェロッティ
マッシミリアーノ・アッレグリ
ルイス・エンリケ
ジネディーヌ・ジダン
マウリシオ・ポチェッティーノ
アーセン・ベンゲル
アントニオ・コンテ
ロベルト・マンチーニ
ディエゴ・シメオネ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ