#sotaronbaBACK NUMBER

ウォリアーズ優勝の裏に隠された、
各選手の“取り返したかったもの”。 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byJoel Angel Juarez/Anadolu Agency/Getty Images

posted2017/06/16 17:00

ウォリアーズ優勝の裏に隠された、各選手の“取り返したかったもの”。<Number Web> photograph by Joel Angel Juarez/Anadolu Agency/Getty Images

6月15日、地元オークランドで行われた優勝パレードで、ファンと喜びを分かち合うカリー。

「落ち着いて、この素晴らしいチャンスを楽しむ」

 持病のヘルニアを悪化させ4月19日以来現場を離れていた指揮官スティーブ・カーが、シリーズ第2戦で戻ってきた。

 どんなに強いチームでも苦しい局面に対峙する。そんな場面でカーは笑顔でチームに言った。

「我々は目標にしてきたNBAファイナルの場にいるんだ。物事が難しくてもそれは当たり前だし、予想は出来ている。落ち着いて、この素晴らしいチャンスを楽しむ。それが出来れば我々は大丈夫だ」

 指揮官が不在の間も勝利を積み重ねていた彼らにとって、カーがベンチに入ったからといって、作戦が変わる訳ではない。

 ただ、このチームの文化を作り上げた彼の人間力が、チームに最後の力を与えたことは確かだ。

 チーム全員が自信に満ちた顔で最高のパフォーマンスを披露し、全てがひとつになったとき、1年前から各々が心に背負っていた屈辱は晴らされた。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
クリーブランド・キャバリアーズ
ケビン・デュラント
ステフィン・カリー
スティーブ・カー
トリスタン・トンプソン
ケビン・ラブ
レブロン・ジェームズ
クレイ・トンプソン
ドレイモンド・グリーン
ゴールデンステイト・ウォリアーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ