SCORE CARDBACK NUMBER

ヘッドコーチ不在でも揺るがない、ウォリアーズの最強カルチャー。~民主主義というのは、ちゃんとやればこれほど強いのだ~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/06/18 17:00

ヘッドコーチ不在でも揺るがない、ウォリアーズの最強カルチャー。~民主主義というのは、ちゃんとやればこれほど強いのだ~<Number Web> photograph by Getty Images

ファイナル第2戦後、カーHCは「最高の気分だった。またサイドラインに立てて嬉しく思う」と笑顔で語った。

 コービー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)は、それを「ゴールデン・デモクラシー」と名付けた。現役引退後、ドキュメンタリー制作などに取り組むブライアントは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのオフェンスがどれだけすばらしいチームプレーによって成り立っているかをショートフィルムで描写し、「ゴールデン・デモクラシーの世よ、永遠に」と称賛した。

 ウォリアーズの「ゴールデン・デモクラシー」は選手だけに限らない。コーチ陣も役職の上下に関係なく、全員が意見を言える環境があり、全員が重要な役割を担っている。そういうチーム・カルチャーを作り出したのが、現ヘッドコーチのスティーブ・カーだった。そして今回は、彼自身がそれに助けられた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 560文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
ゴールデンステイト・ウォリアーズ
スティーブ・カー

バスケットボールの前後の記事

ページトップ