詳説日本野球研究BACK NUMBER

2015年ドラ1候補12人を先取り!
高校、大学、社会人の注目株たち。  

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/05/25 11:00

2015年ドラ1候補12人を先取り!高校、大学、社会人の注目株たち。 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

東海大相模の二枚看板の一角を担う投手・吉田凌。春季高校野球関東大会の準々決勝・作新学院戦では、8奪三振1失点の完投勝利という好成績をおさめ、集まった多くのスカウトの熱い視線を浴びた。

 先頃幕を閉じた高校野球の関東大会は、スコアボードの向こうに富士山が聳える富士北麓公園球場に初めて足を運んだこともあり気持ちが昂る大会だった。今回最も注目したチームは、優勝した浦和学院に準決勝で敗れた東海大相模。小笠原慎之介、吉田凌という左右の本格派を擁し、大会前には浦和学院とともに優勝候補の一角に数えられていた。

 エースナンバー1を背負った小笠原は、春の神奈川大会準々決勝の慶応戦を見て驚いた選手だ。この試合の最速145kmは自己記録に1km及ばなかったが、11三振すべてをストレートで奪うなど打者近くでのキレのよさは圧巻の一言。関東大会準決勝の浦和学院戦ではそのストレートが自己記録を3km更新する最速149kmを計測。スピードガン、ビデオを操るスカウトの動きが徐々に慌ただしくなっていった。

 エースナンバー1を小笠原に譲ったことからもわかるように、吉田の仕上がりは遅かった。慶応戦では小笠原が9回ワンアウトを取った場面でマウンドに上がり、いきなり4番打者に二塁打されるという格好悪さ。出番の与えられ方、のっけからの長打など出遅れを象徴する試合になってしまったが、先発した関東大会準々決勝の作新学院戦では、復調する気配があった。

東海大学進学も考えられるが、プロ入りなら1位も。

 吉田と言えば、昨年夏の神奈川大会決勝で記録した20奪三振がまず思い浮かぶ。そのとき猛威を振るった縦に大きく割れるカーブ、スライダー、フォークボールなどを抑え気味にし、多投したのがストレート。8奪三振中5個がストレートによるもので、充実ぶりが伝わってくる。スライダーを投げれば三振が取れるのに、という声が背後の東海大相模関係者の口から洩れていたが、小笠原に対抗するライバル心が吉田をストレート勝負に走らせたのかもしれない。

 東海大学の付属校なので、プロに直行するかは微妙だが、もしプロ志望届を提出すれば吉田も小笠原もドラフト1位で指名される可能性がある。

【次ページ】 同一高校から投手2人が上位指名のケースは2回だけ。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高橋純平

プロ野球の前後のコラム

ページトップ