SCORE CARDBACK NUMBER

リリーフ転向へ、斎藤佑樹が決めた覚悟。
~クローザーの醍醐味とプライド~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2015/05/25 10:00

リリーフ転向へ、斎藤佑樹が決めた覚悟。~クローザーの醍醐味とプライド~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

5月4日のライオンズとの二軍戦では9回に登板、打者3人をわずか5球で仕留めた斎藤。

 5月4日、鎌ケ谷で行なわれたイースタン・リーグのライオンズ戦で、ファイターズの斎藤佑樹は先発を務める予定だった。しかし試合前、栗山英樹監督から二軍の首脳陣に「今日から佑樹をリリーフで起用してくれ」と連絡が入った。そんな栗山監督の意向を伝え聞いた斎藤は、ブルペン待機を受け入れた。

 じつは栗山監督はその半月前、斎藤にリリーフをやらないかと持ちかけている。一軍で2度目の先発を務め、4回途中でKOされた4月17日、イーグルス戦の試合後のことだ。しかし斎藤はそのとき、首を縦に振ることはできなかった。

「やっぱり長年、先発としてやってきたプライドがあったんだと思います。でもその夜、仙台で中嶋(聡、バッテリーコーチ兼捕手)さんと食事をしたとき、『リリーフもいいんじゃないか』という話をしていただきました。その話を聞いてから、今までこだわってきた先発のプライドって何だろうと考え始めたんです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 531文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黒田博樹とカープの伝説。

Sports Graphic Number 878

黒田博樹とカープの伝説。

 

関連記事

斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹
中嶋聡

プロ野球の前後の記事

ページトップ