欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

南野拓実「残された時間は多くない」
視線はすでにザルツブルクの「次」へ。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/02/20 10:40

南野拓実「残された時間は多くない」視線はすでにザルツブルクの「次」へ。<Number Web> photograph by AFLO

リオ五輪を目指す五輪代表チームのエースでありながら、ブラジルW杯でも予備登録メンバーだった20歳の南野拓実。ザルツブルクをステップアップの場にできるか。

 大きな一歩というよりも、慎重に片足を踏み出したとでも言うべきデビュー戦となった。

 2月14日、ヴァレンタインデーの夜に南野拓実はオーストリア1部でデビューを果たした。最下位のウィーナー・ノイシュタットを相手に右MFとして先発すると、時に応じて左MFのマッシモとポジションを替えながら、後半19分までプレーした。

 デビュー戦について、南野はこう振り返っている。

「あまり効果的に攻撃にかかわれていなかったと思います。フィニッシュのところでシュートを打てていないし。チームのやることに追われたという感じもあった。それをやりつつも、もっとゴール前などの危険なポジションに顔を出したい。今日もパスがくれば……と思うところは何回かあったので。そういうところで、味方と上手くコミュニケーションをとってやっていければいいかなと思います」

 ザルツブルクは、最下位のチームを相手にボールを支配し、多くのシュートを放ったものの、ラストパスやシュートなど、フィニッシュの場面でのプレーの精度は低く、どうにか2点をとって勝利を手にしたに過ぎない。監督は攻守の素早い切り替えを求めており、南野もチームの守備に移るときには手を抜かずに自陣に戻り、相手にプレッシャーをかけていた。

 しかし、攻撃的な選手として相手に怖さを与えられたわけではない。シュートは1本も打つことなく、ベンチに下がることになった。

2人の主力を移籍で失ったザルツブルク。

 もちろん、そこにはいくつかのエクスキューズがある。

 まず、2人の主力選手がこの冬にチームを去り、チームは新たな形を模索している最中なのだ。

 ザルツブルクで過去に129試合に出場して、93ゴール、38アシストを記録したストライカーのアランが広州恒大へ、同じく109試合に出場して、29ゴール、54アシストを記録したカンプルがドルトムントへと移籍したのだ。

【次ページ】 チームの攻撃が機能しなければ、南野の活躍も難しい。

1 2 3 4 NEXT
南野拓実
レッドブル・ザルツブルク

海外サッカーの前後の記事

ページトップ