プレミアリーグの時間BACK NUMBER

マンUの現実感、アーセナルの理想。
プレミア上位陣の共通点は「攻撃」? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2014/12/28 10:40

マンUの現実感、アーセナルの理想。プレミア上位陣の共通点は「攻撃」?<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

今季バルサから移籍、チーム内最多アシストを記録するなど、首位チェルシーの中心として活躍するセスク・ファブレガス。

 昨季以来、プレミアリーグに関しては「多く点を取った者の勝ち」という声をメディアでも巷でも耳にする。悲願の優勝に迫ったリバプールの印象が強烈だったのだろう。攻撃志向の強いブレンダン・ロジャーズ率いるリバプールは、リーグ中位並みの50失点を、堂々の101得点で補って首位に2ポイント差の2位につけた。

 今季も、クリスマスをトップ6で迎えた顔ぶれに「攻撃」という共通項があることは事実だ。首位チェルシーは、ジョゼ・モウリーニョが呼び寄せたジエゴ・コスタとセスク・ファブレガスの加入で展開力と決定力が増し、17節終了時点の38得点も20チーム中トップだった。

 ポイント数でも得点数でも僅差で追う2位マンチェスター・シティは、「代替策は攻めの基本姿勢を強める策だ」と語るマヌエル・ペジェグリーニのチーム。マンチェスター・ユナイテッドから王座を奪い返した昨季は、102得点を記録して得点数でもリバプールを上回った。今季も、15試合出場で14ゴールのセルヒオ・アグエロがリーグ得点王争いをリードしている。

マンUは好調で3位、4位にはウェストハムがつける。

 そのマンUのルイス・ファンハール新監督は、巧さと速さを基本スタイルの2本柱とする。マンCと7ポイント差の3位だが、ロビン・ファンペルシ、ラダメル・ファルカオ、ウェイン・ルーニー、アンヘル・ディマリアらが揃う攻撃陣の豪華さはトップ2に引けをとらない。

 4位につけたウェストハムの監督はサム・アラダイス。守備重視で知られるが、ファンでもある共同オーナー2名から「攻撃色注入」を条件に続投を認められて今季に臨んでいる。ディアフラ・サコとエンネル・バレンシアの両新FWがスピードを加え、アウトサイドの専門家だったスチュアート・ダウニングのトップ下コンバートが奏功したチームは攻撃が好調。ホームでのマンC戦(2-1)では、優勢だった前半の内にリードを奪ってみせた。

 開幕4カ月間の大半をトップ4で過ごしたサウサンプトンは、ビルドアップを重視するロナルド・クーマン新監督が、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督がチームに与えたポゼッション・サッカーを引き継いでいる。大量8得点でサンダーランドを粉砕した10月の一戦は、プレミア前半戦のハイライトの1つだ。

【次ページ】 優勝候補はチェルシーとマンCの2頭立てか。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マンチェスター・ユナイテッド
アーセン・ベンゲル
アーセナル
チェルシー
ジョゼ・モウリーニョ
ルイス・ファンハール
ウェストハム
サム・アラーダイス
マンチェスター・シティ
マウリシオ・ポチェッティーノ
リバプール
ブレンダン・ロジャーズ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ