サッカーの尻尾BACK NUMBER

バルサ×アトレティコ、CL初戦は1-1。
「量」を切り裂いたイニエスタの「質」。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/02 11:30

バルサ×アトレティコ、CL初戦は1-1。「量」を切り裂いたイニエスタの「質」。<Number Web> photograph by Getty Images

「準々決勝を突破できる可能性が何パーセントかは分からない。でも、次の試合も素晴らしい試合になるよ」と語るイニエスタ。勝点1差でリーガの首位争いでも競う2チームの激戦は必至。

 試合前、シャビはある予測をしていた。

「間違いなく激しい試合になる。僕らMFのためのスペースもほとんどないだろう」

 カンプノウでのCL準々決勝第1戦、はたして彼の予測は的中することになる。

 アトレティコは統制された3ラインを作り、個々が対面のバルサ選手にぶつかっていく。

 シメオネは元ボランチだったこともあってか、中盤の中央を突かれることを最も嫌う。

「中を狭め外に追い出せ」という約束事の下、守備時にはアルダとコケのサイドハーフまでもが中央に絞り、シャビとセスクを捕まえた。ボランチのガビとチアゴも含め、中盤中央を4人で埋め尽くしたわけだ。

 試合のほとんどの時間、シャビやセスクの前にスペースはなかった。

 シャビは振り返る。

「予想した通りだった。彼らはやはり激しかったし、それもあって均衡のとれたゲームになった」

「量」のアトレティコ、「質」のバルサ。

 守備への献身と規律が徹底された現在のアトレティコは、守備戦術の完成度でリーガの2強を上回る。

 4月の時点で2強と優勝争いを繰り広げているというのは、資金力や選手層を考慮するとほとんど奇跡に近いことでもある。

 この日のバルサとアトレティコは、動きの量にも大きな差があった。アトレティコはボールを奪うと数人が一斉に散らばる。一方でバルサの選手は走り出す選手が少なく、ボール奪取後のスピード感は皆無。昨今の攻撃停滞の最大の原因だ。

 マルティーノ監督はこの日も先発の選択において「動」ではなく、「質」を重視した。ボールを呼び込めるペドロとアレクシスはベンチに、一方でセスクとネイマールはピッチに立った。

 しかしバルサの持ち味でもある「質」は、アトレティコの激しさと運動量に消されていた。

 ジエゴの壮快なミドルシュートが決まったのは後半に入ってから。AS紙が「今季のCLでのベストゴールか?」と報じた華麗な一撃だった。アトレティコにとっては、貴重なアウェーゴールだ。

 試合後、バルサの選手の多くが「あれはゴラッソだった」と首を振っていたくらいだ。

【次ページ】 どんな試合にも、流れが劇的に変わる瞬間がある。

1 2 NEXT
バルセロナ
アトレティコ・マドリー
ディエゴ・シメオネ
シャビ・エルナンデス
アンドレス・イニエスタ
ネイマール
ヘラルド・マルティーノ
ジエゴ・コスタ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ