サッカーの尻尾BACK NUMBER

バルサ×アトレティコ、CL初戦は1-1。
「量」を切り裂いたイニエスタの「質」。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/02 11:30

バルサ×アトレティコ、CL初戦は1-1。「量」を切り裂いたイニエスタの「質」。<Number Web> photograph by Getty Images

「準々決勝を突破できる可能性が何パーセントかは分からない。でも、次の試合も素晴らしい試合になるよ」と語るイニエスタ。勝点1差でリーガの首位争いでも競う2チームの激戦は必至。

どんな試合にも、流れが劇的に変わる瞬間がある。

 その後もアトレティコの中盤は疲れを知らずにバルサのMFにぶつかっていく。チアゴは言う。

「もう疲れ果てたよ。かなりのハードワークをしたから。バルサはボールを持てるし、個のクオリティも高い。対戦相手は走らされるんだ。でもハードワークは僕らの持ち味。いい試合ができたし、結果もよかった」

 どんな試合にも、流れが劇的に変わる瞬間というものがある。

 この日、それは後半に訪れた。バルサがセスクに代えアレクシスを投入したときのことだ。

 この交代により、イニエスタが左ウイングの位置から中盤に下がり、右サイドでやりにくそうなプレーをしていたネイマールを左にポジションチェンジした。

 この変更はすぐに効くことになる。

 ネイマールは左サイドで水を得た魚のようにプレーした。本来の中盤の位置に戻ったイニエスタは、ひらりとエレガントに相手をかわし続けた。試合後はどのメディアも、イニエスタをマンオブザマッチに選んでいる。

大きなヒントを得たバルサは第2戦をどう戦うか。

 この試合ではっきりしたのは、ネイマールは左サイドで使うべきだということだろう。

 彼を右サイドで使うくらいなら、アレクシスやペドロを使った方がベター。左サイドに移るまではブーイングすら浴びたネイマールだが、そこからゴールという結果を残すのはさすがだ。

 ネイマールを左ウイングに、その下にイニエスタを。多くの人が望む形は、後半終盤に何度もチャンスを作った。

 同点弾のパスが「ラウドルップ流のアシスト」とメディアに絶賛されたイニエスタは言う。

「アトレティコ相手にはパスコースを見つけるのに苦労するんだ。サポートの意識が高くて、スペースを埋めるのが上手い」

“スペースがない中で、なんとかそれを見つけ出すこと”。それが試合前にマルティーノが求めたことだった。

 統制された守備陣を切り裂いたイニエスタの一本のパスは、もしかしたら準々決勝突破に大きな意味を持つことになるこかもしれない。

 1週間後、ホームに戻るアトレティコは、バルサを苦しめた激しさを再び押し出し、素早い攻めを繰り返すだろう。カンプノウでの1-1という好結果に、ファンの期待は高まっている。

 バルサはポゼッションを保ち、パスと個の仕掛けを織り交ぜながら攻め続けるだけだ。

 そしてそのためには、鍵を握る2人の選手を、一番気持ちよくプレーできる状態にすること。イニエスタとネイマールのポジションはその意味でも大きなポイントとなる。

関連記事

BACK 1 2
バルセロナ
アトレティコ・マドリー
ディエゴ・シメオネ
シャビ・エルナンデス
アンドレス・イニエスタ
ネイマール
ヘラルド・マルティーノ
ジエゴ・コスタ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ