野球善哉BACK NUMBER

“阿部二世”ではなく“谷繁二世”に。
原監督が小林誠司に求める捕手像。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/03/28 10:50

“阿部二世”ではなく“谷繁二世”に。原監督が小林誠司に求める捕手像。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

セ・リーグファンミーティングで原辰徳監督は、小林誠司について「ジャイアンツフェイスだ」と紹介した。阿部という絶対的な存在がいるチームに加入したルーキー捕手への配慮がそこここに感じられる。

原監督の言葉は、小林の成長の助けとなる。

 オープン戦が中盤に差し掛かったころ、小林と話す機会があった。

 阿部との比較、勝てる捕手像を持ち続けているのか、尋ねた。

「(阿部さんと比較されるのは)周りの方々が言っておられることなので、気にしないようにしています。周りに惑わされんと自分のスタイルを崩さず、ひとつずつレベルアップしていきたいですね。自分は守備でアピールする選手なので、しっかりと守れるところを見せたい。今年の目標は、一軍にいること。まだまだ、試合の流れでつかみ切れていないところはあるんですけど、一軍にいて試合をする中で1年間を過ごして、そのあと、この1年がどうであったかを、きっちり整理していきたいと思っています」

 阿部が現在の正捕手だから、小林に阿部の次を担う選手と期待したいのは分かる。

 しかし何をどう比較しても、重なるものが少ない阿部を意識させられることは、小林にとってプラス要素になるはずはない。

 だから、原監督のファンミーティングでの言葉は小林にとって大きいように思えてならない。

 ライバルチームの指揮官ではあるが、谷繁という自身の中にある理想像を追い求めてもいい――。

 ルーキー捕手小林は、開幕を一軍で迎え、プロ生活のスタートを切る。

関連記事

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
原辰徳
小林誠司
谷繁元信
阿部慎之助

プロ野球の前後の記事

ページトップ