ソチ五輪 雪と氷の情熱BACK NUMBER

世界10位から逆転でメダルへの挑戦。
スマイルジャパンの自信と野心。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byisifa/AFLO

posted2014/02/05 10:45

世界10位から逆転でメダルへの挑戦。スマイルジャパンの自信と野心。<Number Web> photograph by isifa/AFLO

チェコとの強化試合に2連勝し、自信を深めたスマイルジャパン。キャプテン、大沢ちほもハードワークに自信を見せた。

「新たな歴史を作る」スマイルジャパンの野心。

 五輪の女子アイスホッケーは、世界ランキング上位5カ国と開催国がオートマティックに出場権を得る。予選を突破して出場できるのは、わずか2カ国だけである。

 4大会ぶりの出場権を獲得した時点で、スマイルジャパンは歴史を変えた。ソチで1勝でもあげることができれば、それだけで快挙と言ってもいい。

 チームを誰よりも信じているのは、他ならぬ飯塚監督と選手たちである。世界の強豪とパックを競い合ってきたからこそ、彼女たちの皮膚感覚に狂いはない。

 チーム全員の思いを、大澤が代弁する。表情には気負いも迷いもない。穏やかだが揺るぎない野心が、胸のなかで立ち上がっている。

「予選を突破してから1年間、国際試合を戦ってメダルに近づいているという実感があります。自信もついてきています。自分たちのアイスホッケーをやれば、結果がついてくると思う。目標はメダル獲得です」

関連記事

BACK 1 2 3 4
大澤ちほ
飯塚祐司
床亜矢可
近藤陽子
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ