野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

“戦力外”ながさわたかひろが個展?
「これは野球美術家のトライアウト」 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHidenobu Murase

posted2013/12/04 10:30

“戦力外”ながさわたかひろが個展?「これは野球美術家のトライアウト」<Number Web> photograph by Hidenobu Murase

神楽坂のギャラリー「eitoeiko」で個展を開催中のながさわたかひろ。

この人、話の内容だけはまんまプロ野球選手である。

“A NEW HOPE(~新たなる希望~)”

 ながさわは今回の展示にそんなタイトルをつけた。

 それは、スター・ウォーズの1作目。シリーズ最初に作られた作品ながら、4作目という矛盾を抱えたタイトルである。

 ながさわにとっても今回の展示は、ヤクルト4年目のエピソード4にして、次のステップへの最初の1作にもなる。

 この秋、ながさわはヤクルトを退団することを決意した。いや、入団してもいないのだが。

 プロの美術家として、自分が目指した“芸術によるプロ野球選手”になるために、愛するチームを出ることを決心した。

「僕はプロ野球選手になりたいんです。出場機会を与えてくれるチームがあるのなら、そこへ移籍したい。もちろんヤクルトに残れるのなら残りたいですよ。でもそれ以前に、僕は野球が描きたいんです。野球が続けられるなら割り切れます。新しいチームで、また一から始められますよ」

 わざとなのか偶然なのか知らないが、この人、話の内容だけはまんまプロ野球選手である。その悲壮な決意を語る姿は、まるでFA権でも行使した選手。何が嘘で何が真実か。芸術と野球は紙一重なんじゃないか。その本気に触れた人間は、頭が錯乱することは間違いない。

これは僕の野球美術家としてのトライアウト。

 ただひとつだけ。わかることはある。

 なにかは知らないが、この人はすごい。

「個展は、スワローズファン、野球ファン、野球に興味のない一般の人にも当然見て貰いたいですけど、今回は12球団の球団関係者に観て貰いたい。自分はプロ野球選手として野球の絵を描き続けたい。そのためなら喜んで移籍します。これは僕の野球美術家としてのトライアウト。今は自宅借家の契約更新も2月まで待って貰っているので、北海道から福岡まで、どこへでも行く覚悟です。一人でも多くの方にこの作品を見てもらって評価を下してほしいです」

 本家のトライアウトでは、球団関係者に参加者の連絡先が記された紙が渡される。

 それに倣い、ながさわも連絡先を載せてほしいとの申し出があったので以下に記す。

nagasawa@goo.jp

 美術家・ながさわたかひろがヤクルトでの集大成と位置付ける個展「プロ野球ぬりえ2013 ~新たなる希望~」は、12月3日~28日まで、神楽坂のギャラリー「eitoeiko」にて行われる。

 衣笠社長も是非。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ