サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

東アジアカップで躍動した“国内組”。
ロンドン五輪世代、A代表への道程。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/07/31 10:31

東アジアカップで躍動した“国内組”。ロンドン五輪世代、A代表への道程。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

中国戦と韓国戦にフル出場、オーストラリア戦でも厳しい時間帯に投入されたことを考えれば、山口螢(写真右)へのザッケローニ監督の信頼度は高い。代表への定着を見据えて更なる進化を期す。

北京世代vs.ロンドン世代のサバイバルが火ぶたを切る。

「優勝できたのは素直に嬉しいですけど、MVPは俺でいいのかなって思いました。これで、代表に生き残れたかどうかは分からないですね。正直、それほど深く考えていないです。周囲はうまい選手ばっかりだし、まだちょっと早いかなって感じもしています。ただ今回、代表で必要とされるプレー、例えば最終ラインの間に入ってボールを回すとか、そういうのはセレッソに戻ってもできると思うんです。そういうプレーの精度を上げつつ、自分の良さを磨いて、代表にまた呼ばれたらいいかなって思います」

 一見欲がないようにも見えるが、そうではない。山口は代表でサブとして生きるのではなく、90分プレーするためには、もう少し時間が必要だと考えている。それを確認できたことが山口にとって大きな収穫だった。

 今回は、ロンドン五輪代表には縁がなかったが同世代の柿谷曜一朗が3ゴールを決めて存在感をアピールし、大迫も2ゴールをあげるなど、ロンドン五輪世代の活躍が目立った。彼らがコンフェデ組のA代表に上がって来なければ、チーム内の競争は活性化しないし、底上げにも繋がらない。8月14日、ウルグアイ戦、9月の親善試合。果たして、何名のロンドン五輪世代が入るだろうか。北京世代を追い上げるサバイバルが本格的に始まる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鈴木大輔
扇原貴宏
権田修一
齋藤学
大迫勇也
原口元気
工藤壮人
山口蛍
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ