NumberEYESBACK NUMBER

CLベスト16組合せ決定。
レアルVSマンU、2つの再会。
~クラシコが左右する因縁対決~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/01/17 06:00

CLベスト16組合せ決定。レアルVSマンU、2つの再会。~クラシコが左右する因縁対決~<Number Web> photograph by AFLO

かつての愛弟子と好敵手を、ファーガソンはどう迎え撃つのか。

 古き良きライバルとの再戦――。

 UEFAチャンピオンズリーグベスト16の組み合わせが決定した直後、スペインのAS紙はこんなタイトルでマンチェスター・Uとレアル・マドリーの組み合わせを報じた。

 ミラン対バルセロナ、バイエルン対アーセナルなど、早くも強豪同士の対戦が実現した今回のベスト16だが、その中でも最も注目を浴びているのがこのカードだ。

 両者はCLの歴史において数々の名勝負を生んできた。8度の対戦でマドリーの3勝3分け2敗と、成績もほぼ互角。レドンドがヒールキックで華麗に相手をかわしたプレーは、今でも映像がUEFAイベントで使われるなど、大会を象徴するシーンにもなっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1072文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

選択の人間学。~僕はこんな道を選んできた~
マンチェスター・ユナイテッド
レアル・マドリー
アレックス・ファーガソン
ジョゼ・モウリーニョ
クリスティアーノ・ロナウド
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ