野球善哉BACK NUMBER

「斎藤世代」だけじゃない!!
ドラフトの目玉はPLの吉川大幾。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/06/23 13:10

「斎藤世代」だけじゃない!!ドラフトの目玉はPLの吉川大幾。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プロでの失敗を想像できないポテンシャルと意識の高さ。

 吉川がこんな話をしていた。

「自分は負けず嫌い。だから、プロの世界に早く行ってみたいという気持ちがあります。プロって、すごい技術をもった選手の集まりじゃないですか。そこに行けば負けたくないって思うから、自分自身が成長できると思う。同じポジションとか、同世代とかには、絶対、負けたくないですから。守備について、どこでも守れる選手になっていたい。新外国人とかが入団して来て、出られなくなるんではなく、吉川はどこでも守れるって監督に信頼してもらえる選手になりたいんです」

 走・攻・守の高いポテンシャルと意識の高さは、プロでの失敗を想像できない。失敗例の少ないPL学園出身というのもいい。どの面をとっても、吉川には「斎藤世代」に劣らぬ魅力があふれている。

荻野のサプライズ1位指名の再現はあるのか?

 昨年、雄星(西武)を指名するといわれた千葉ロッテが、サプライズで荻野を1位指名したようなことが、起きてもおかしくはない。「斎藤世代」だからといって無視するにはもったいない逸材なのだ。この春から夏にかけ、高校野球、大学野球、プロ野球を見ながら、そう思わずにはいられなかった。

 ある在阪担当のスカウトがつぶやいていた。

「うちのチーム、外野手は足りているからいらんのよなぁ。でもなぁ……吉川、セカンドでけへんかなぁ」

 高校生野手トップ評価の逸材・吉川は「斎藤世代」に待ったを掛けることができるのだろうか。

 彼を審判する最後の夏、全国高校野球大阪大会は7月10日に幕を開ける。

■関連コラム► 東洋大と東海大の強さが際立った、全日本大学野球選手権を総括する。
► 早大の大石達也、中大の澤村拓一。生で見ておきたい逸材たちの剛速球。

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉川大幾
荻野貴司
藤川俊介
長野久義

プロ野球の前後のコラム

ページトップ