競馬 

無敗の皐月賞馬=名馬という歴史。サートゥルナーリアは本当に1強か。

沸騰! 日本サラブ列島

無敗の皐月賞馬=名馬という歴史。
サートゥルナーリアは本当に1強か。

トウカイテイオー、ミホノブルボン、アグネスタキオン、ディープインパクト。平成に入ってから無敗で皐月賞を制した馬たちである… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/04/13

<第79回皐月賞プレビュー>サートゥルナーリア「父の限界を超えていけ」

Sports Graphic Number Special

<第79回皐月賞プレビュー>
サートゥルナーリア「父の限界を超えていけ」

皐月賞の本命と目されるのは、ホープフルSを余裕で制した超良血馬。前哨戦を挟まない異例の参戦となるが、周囲の期待は高まって… 続きを読む

軍土門隼夫Hayao Gundomon

有料

2019/04/12

藤沢和雄、ぶっつけで桜花賞2勝目。グランアレグリアと20年前の記憶。

競馬PRESS

藤沢和雄、ぶっつけで桜花賞2勝目。
グランアレグリアと20年前の記憶。

4月7日、阪神競馬場で行われた桜花賞(GI、芝1600メートル)を制したのはグランアレグリア(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だった… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/04/09

桜花賞をグランアレグリアが圧勝。影も踏ませない完璧な2馬身半差。

沸騰! 日本サラブ列島

桜花賞をグランアレグリアが圧勝。
影も踏ませない完璧な2馬身半差。

やはり、この馬のデビュー戦は「伝説の新馬戦」だった。第79回桜花賞(4月7日、阪神芝外回り1600m、3歳牝馬GI)を、クリストフ・… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/04/08

2歳女王に唯一、土をつけている!桜花賞はグランアレグリアに期待。

沸騰! 日本サラブ列島

2歳女王に唯一、土をつけている!
桜花賞はグランアレグリアに期待。

「伝説の新馬戦」と呼ばれるレースがある。 古くは1976年1月31日、東京芝1400mで行われた18頭立ての旧4歳新馬戦。 1番人気に支持… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/04/06

<第79回桜花賞プレビュー>ダノンファンタジー「6月の新馬戦は伝説に」

Sports Graphic Number Special

<第79回桜花賞プレビュー>
ダノンファンタジー
「6月の新馬戦は伝説に」

今年の牝馬クラシック戦線の主役となりそうなのは、5戦4勝のディープ産駒。その最大のライバルが新馬戦で唯一の黒星を献上したグ… 続きを読む

片山良三Ryozo Katayama

有料

2019/04/04

世界がアーモンドアイにお手上げ。凱旋門賞で唯一の心配は臨戦過程。

競馬PRESS

世界がアーモンドアイにお手上げ。
凱旋門賞で唯一の心配は臨戦過程。

昨年の年度代表馬が2019年の始動戦として選んだのは海の向こう。3月30日に中東ドバイで行われたドバイターフ(GI・メイダン競馬… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/04/02

アーモンドアイがドバイで4億円!海外GIも難なく勝利、目は凱旋門へ。

沸騰! 日本サラブ列島

アーモンドアイがドバイで4億円!
海外GIも難なく勝利、目は凱旋門へ。

日本の最強馬に残されたターゲットは、もはや凱旋門賞のみと言っていい。 第24回ドバイターフ(3月30日、UAEメイダン芝1800m、北… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/04/01

障害界のレジェンドも“浪人”。厩務員の厳しい就職事情とは。~JRAが進めるスリム経営の余波~

SCORE CARD

障害界のレジェンドも“浪人”。
厩務員の厳しい就職事情とは。
~JRAが進めるスリム経営の余波~

障害界のレジェンド、林満明騎手の最後のレースとなったのは昨年の6月23日。東京ジャンプS(J・GIII、アスターサムソン)が、ジ… 続きを読む

片山良三Ryozo Katayama

有料

2019/03/31

ドバイと重なってもGI馬が8頭。大阪杯の肝は「サンデーとの距離」?

沸騰! 日本サラブ列島

ドバイと重なってもGI馬が8頭。
大阪杯の肝は「サンデーとの距離」?

第63回大阪杯(3月31日、阪神芝内回り2000m、4歳以上GI)は、8頭のGI馬が顔を揃える豪華メンバーとなった。GIになって3年目。1年… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/03/30

絶対女王、いよいよドバイ出陣。ルメール「アーモンドアイは特別」

競馬PRESS

絶対女王、いよいよドバイ出陣。
ルメール「アーモンドアイは特別」

現地時間の3月27日、午前5時前。クリストフ・ルメール騎手がドバイ、メイダン競馬場に現れ、日本馬2頭の追い切りに跨った。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/03/29

高松宮記念も「強い4歳」が制覇。福永祐一は天国の相棒に最高の報告。

沸騰! 日本サラブ列島

高松宮記念も「強い4歳」が制覇。
福永祐一は天国の相棒に最高の報告。

天国の名馬が、主戦騎手に力を与えたかのような勝利だった。春のスプリント王を決める第49回高松宮記念(3月24日、中京芝1200m、… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/03/25

高松宮記念で父子制覇を狙う2頭。GI馬に初騎乗の藤田菜七子も注目。

沸騰! 日本サラブ列島

高松宮記念で父子制覇を狙う2頭。
GI馬に初騎乗の藤田菜七子も注目。

「ダービー馬はダービー馬から」という格言がある。ダービーを制した父の産駒がダービーを勝つ、という意味だ。 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/03/23

アーモンドアイ、絶好調でドバイへ。名騎手ルメールも鼻息荒く。

競馬PRESS

アーモンドアイ、絶好調でドバイへ。
名騎手ルメールも鼻息荒く。

3月20日、アーモンドアイがドバイへ向けて飛び立った。狙うはGI・ドバイターフ(メイダン競馬場、芝1800m)。現在、日本の最強馬… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/03/22

大怪我を乗り越えJRA700勝。三浦皇成のセカンドステージ。

競馬PRESS

大怪我を乗り越えJRA700勝。
三浦皇成のセカンドステージ。

3月9日、中山競馬場で行われた中山牝馬S(GIII・芝1800m)を制したのは美浦・国枝栄厩舎のフロンテアクイーン(牝6歳)。 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/03/15

“東のユタカ”1年3カ月ぶり復帰と北村宏司の落馬。騎手が背負うもの。

競馬PRESS

“東のユタカ”1年3カ月ぶり復帰と
北村宏司の落馬。騎手が背負うもの。

3月2日の中山競馬場。見るからに緊張の面持ちのジョッキーがいた。 吉田豊騎手。 1994年デビューだから今年でジョッキー生活26年… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/03/08

今年の3歳クラシック戦線は2頭の“天才”の激突に注目。~鞍上はルメール&デムーロの対決~

SCORE CARD

今年の3歳クラシック戦線は
2頭の“天才”の激突に注目。
~鞍上はルメール&デムーロの対決~

2歳チャンピオン、アドマイヤマーズ(牡3歳、父ダイワメジャー、栗東・友道康夫厩舎)が共同通信杯(2月10日、東京芝1800m、GIII… 続きを読む

片山良三Ryozo Katayama

有料

2019/03/02

武豊とルメール、尊敬しあう間柄。「ユタカさんはずっと憧れの先輩」

競馬PRESS

武豊とルメール、尊敬しあう間柄。
「ユタカさんはずっと憧れの先輩」

2月17日に行われたフェブラリーS(GI)。今年、最初のJRAのGIレースを制したのは武豊騎手だった。この週を終え、勝利数は24でト… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/03/01

弱い体質、遅いデビューからGI馬に。インティと武豊の丁寧な出世街道。

競馬PRESS

弱い体質、遅いデビューからGI馬に。
インティと武豊の丁寧な出世街道。

2月17日、東京競馬場で行われたフェブラリーS(GI、ダート1600m)。今年、最初となるJRAのGIレースを制したのは武豊騎手騎乗の1… 続きを読む

平松さとしSatoshi Hiramatsu

2019/02/22

藤田菜七子に沸いたフェブラリーS。勝った武豊が「ぼくの初GIは6着」。

沸騰! 日本サラブ列島

藤田菜七子に沸いたフェブラリーS。
勝った武豊が「ぼくの初GIは6着」。

かつてフェブラリーステークスのパドックを、これほど多くの観客が囲んだことがあっただろうか。スタンド上階のバルコニーにまで… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2019/02/18

ページトップ