テニス 

レジェンドに挑む「ネクストジェン」。フェデラーは世代交代を恐れない。

テニスPRESS

レジェンドに挑む「ネクストジェン」。
フェデラーは世代交代を恐れない。

来るべき顔ぶれがついにセンターステージで暴れ始めた。 先週、今シーズン2つ目のマスターズ大会となるマイアミ・オープンでカナ… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/04/04

ベテランとの敗戦で見えてきた、“世界1位”としての大坂なおみの課題。

テニスPRESS

ベテランとの敗戦で見えてきた、
“世界1位”としての大坂なおみの課題。

大坂なおみはマイアミの波に乗り損ねた。白砂のビーチと青い海が見渡せるキービスケーンから、内陸にあるNFLドルフィンズの本拠… 続きを読む

吉谷剛Tsuyoshi Yoshitani

2019/03/25

錦織圭が無冠の天才から脱するため、好相性のマイアミで見たい執念。

錦織圭、頂への挑戦

錦織圭が無冠の天才から脱するため、
好相性のマイアミで見たい執念。

今年最初のマスターズであるインディアンウェルズは、オーストリアのドミニク・ティームのマスターズ初優勝で幕を閉じた。 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/03/22

西岡良仁は男子テニス界の個性だ。身長170cmでトップ100という自負。

テニスPRESS

西岡良仁は男子テニス界の個性だ。
身長170cmでトップ100という自負。

錦織圭が逆転負けを喫し、大坂なおみまで完敗し、ダブルスでも誰もいなくなっている中、日本選手で最後に生き残ったのは西岡良仁… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/03/14

連覇逃した女王に明るい表情。目が離せない“なおみ劇場”は続く。

テニスPRESS

連覇逃した女王に明るい表情。
目が離せない“なおみ劇場”は続く。

快進撃の始まりとなった地、インディアンウェルズに大坂なおみが戻って来たが、BNPパリバ・オープンの2連覇は4回戦でベリンダ・… 続きを読む

吉谷剛Tsuyoshi Yoshitani

2019/03/13

錦織圭が珍しい髪型で初戦に勝利。ギリギリの試合、冗談交じりの会見。

テニスPRESS

錦織圭が珍しい髪型で初戦に勝利。
ギリギリの試合、冗談交じりの会見。

春の足音が聞こえてくると心は躍り、新しい変化に足を踏み出したくなるものである。インディアンウェルズは前日までの強風が収ま… 続きを読む

吉谷剛Tsuyoshi Yoshitani

2019/03/11

大坂なおみの成長とサーシャ“卒業”。成熟度で変化するコーチとの関係性。

テニスPRESS

大坂なおみの成長とサーシャ“卒業”。
成熟度で変化するコーチとの関係性。

大坂なおみがサーシャ・バインコーチの解任をSNSで発表したとき、ファンの方々の多くがそうであったように、筆者も困惑し、冗談… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/03/06

日本はフランス、セルビアと。デ杯新方式の恩恵やいかに。~トップ選手の出場も増える可能性大~

SCORE CARD

日本はフランス、セルビアと。
デ杯新方式の恩恵やいかに。
~トップ選手の出場も増える可能性大~

錦織圭や西岡良仁、ダニエル太郎の日本が、ラファエル・ナダルのスペインやノバク・ジョコビッチのセルビアに挑む――新フォーマ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/03/06

<WTA「BNPパリバ・オープン」展望>大坂なおみ、連覇への険しい挑戦。

テニスPRESS

<WTA「BNPパリバ・オープン」展望>
大坂なおみ、連覇への険しい挑戦。

今年一つ目のWTA〈プレミア・マンダトリー〉であり、同じく今年一つ目のATP〈マスターズ1000〉である『BNPパリバ・オープン』が… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/03/04

ジョコビッチの進化。~怪我する前よりも強さが圧倒的~

Number on Number

ジョコビッチの進化。
~怪我する前よりも強さが圧倒的~

テニスのワールドランキングで女子は大坂なおみが1位になったが、男子で1位に立っているのはノバク・ジョコビッチだ。 続きを読む

小川勝Masaru Ogawa

有料

2019/02/22

大坂なおみとサーシャの「別れ」。女子テニス特有のコーチの役割。

テニスPRESS

大坂なおみとサーシャの「別れ」。
女子テニス特有のコーチの役割。

大坂なおみが突然のコーチ解任を発表してから1週間が経つが、まだ何もかもがモヤモヤしたままだ。原因についての憶測が乱れ飛び… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/02/20

孤独な戦い、テニスの本質とは?試合中の指導がなじまない理由。~大坂なおみの理想は「すべて自分でやる」~

SCORE CARD

孤独な戦い、テニスの本質とは?
試合中の指導がなじまない理由。
~大坂なおみの理想は「すべて自分でやる」~

チェンジエンドのインターバルで、選手がコート脇のコーチに近づいていく。最初は何が起きたのかと思った。この全豪では予選とジ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/02/06

<6年間の伴走を終えて>前専属トレーナーが明かす、錦織の進化する心と肉体。

Sports Graphic Number Special

<6年間の伴走を終えて>
前専属トレーナーが明かす、
錦織の進化する心と肉体。

未完成で故障がちだった肉体を一からつくり変え、躍進を支えてきた専属トレーナー、中尾公一氏。6年間に及んだツアー帯同生活で… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/01/29

思考すら振り切る「大坂なおみ時代」。なぜ彼女だけが達成できたのか。

テニスPRESS

思考すら振り切る「大坂なおみ時代」。
なぜ彼女だけが達成できたのか。

大坂なおみ時代の到来。もう遠慮もためらいもなくそう言っていいだろう。全米オープン優勝からわずか5カ月足らず、南半球唯一の… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/27

大坂なおみとクビトバの人気者対決。勝者は「次の女王」に大きく近づく。

テニスPRESS

大坂なおみとクビトバの人気者対決。
勝者は「次の女王」に大きく近づく。

少なくともこの10年、女子テニスの関心事はこの一点に尽きるだろう。ポスト・セリーナは誰なのか――。今は世界ランク16位だが、… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/25

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。かつてお手本にしたプリスコバ超え。

スポーツ・インテリジェンス原論

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。
かつてお手本にしたプリスコバ超え。

一昨年の秋、『Number』937号で大坂なおみにインタビューした時のことだ。彼女はその年、2017年に経験した最も学びの大きかった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/01/24

「一番キツい時にジョコビッチ」を避けるため、錦織圭に必要なこと。

錦織圭、頂への挑戦

「一番キツい時にジョコビッチ」を
避けるため、錦織圭に必要なこと。

ロッド・レーバー・アリーナの熱気はさほど高まらないまま、1万5000の観客は蓄えていたエネルギーの行き場を失った。どれほどの… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/24

錦織圭対カレノブスタ、極上の陶酔。年に数試合しかない最高のテニス。

テニスPRESS

錦織圭対カレノブスタ、極上の陶酔。
年に数試合しかない最高のテニス。

四大大会では、1大会に2つか3つ、とんでもない試合がある。選手の心技体ががっちり噛み合い、格闘技のようなラリーが続く、いつ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/01/22

大坂なおみの体型が明白に変わった。女子テニスに渦巻くフィジカル革命。

テニスPRESS

大坂なおみの体型が明白に変わった。
女子テニスに渦巻くフィジカル革命。

何度も窮地をしのぎ、大坂なおみが全豪オープン初のベスト8に駒を進めた。 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/22

大坂なおみとセリーナは再会するか。誰もが納得する「決着」を全豪で。

テニスPRESS

大坂なおみとセリーナは再会するか。
誰もが納得する「決着」を全豪で。

歴史に名を残す人物にはいつも、その起点となるべき始まりの物語や、印象的なエピソードが付随する。 続きを読む

内田暁Akatsuki Uchida

2019/01/18

男子テニス
女子テニス
テニス日本代表

ページトップ