SCORE CARDBACK NUMBER

26歳西岡、「あと何年かやれる」。陥っていた危機的不振とは。

posted2022/09/01 07:00

 
26歳西岡、「あと何年かやれる」。陥っていた危機的不振とは。<Number Web> photograph by Getty Images

絶好調キリオスと決勝を戦ったシティ・オープンはATP500大会。準優勝の西岡は96位から54位へジャンプアップ

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 西岡良仁が米国のシティ・オープンで準優勝。ニック・キリオスに敗れて2度目のツアー優勝は逃したが、世界21位で前週優勝のアレックス・デミノー、同8位の第1シード、アンドレイ・ルブレフら上位を連破、キャリアの節目となるような「大勝ち」だった。

 試合後、「今年はうまくいかず、数年で引退もあると覚悟したが、あと何年かやれそうだ。このままいきたい」と話した。26歳で引退に言及するのは少し早いが、実際、崖っぷちにいた。昨年10月から今年1月の全豪までツアー本戦で一度も勝てなかった。全豪1回戦では、予選を勝ち上がった124位の選手に敗れ、「今は勝ち方がまったく分からない。やっていて勝てるイメージが一切ない」と嘆いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

西岡良仁
ニック・キリオス

テニスの前後の記事

ページトップ