女子テニス 

伊達公子が没頭した修士論文の中身。砂入り人工芝は日本テニスの大問題。

伊達公子が没頭した修士論文の中身。
砂入り人工芝は日本テニスの大問題。

テニスPRESS

「違和感」の種が胸にできたのは、思い返せば、初めて世界に飛び出した頃だという。“新時代のテニスコート”の触れ込みで砂入り人工芝が登場したのは、伊達公子が、高校生の頃だった。続きを読む

内田暁Akatsuki Uchida

2019/06/24

大坂なおみもセリーナも3回戦敗退。歴代女王でも苦しむ全仏の環境とは。

テニスPRESS

大坂なおみもセリーナも3回戦敗退。
歴代女王でも苦しむ全仏の環境とは。

スポーツの舞台で<魔物が棲む>場所はいくつもあるが、テニスにおけるクレーコート、ローランギャロスもその1つだ。世界1位の大… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/06/03

大坂なおみが元女王をねじ伏せた。2時間50分の熱戦に喝采は止まず。

テニスPRESS

大坂なおみが元女王をねじ伏せた。
2時間50分の熱戦に喝采は止まず。

これがグランドスラムでなければ、もし相手が違えば、あのパフォーマンス、あの勝利は生まれなかったかもしれない。 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/05/31

崖っぷちから初戦突破の大坂なおみ。右耳のピアスに込められたお茶目さ。

テニスPRESS

崖っぷちから初戦突破の大坂なおみ。
右耳のピアスに込められたお茶目さ。

1年前の大坂なおみは、未来の女王候補とはいえまだ世界ランク20位のチャレンジャーだった。この1年で全米、全豪とグランドスラム… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/05/29

雨で異例の1日2試合という過酷日程。錦織圭、大坂なおみはどう勝った?

テニスPRESS

雨で異例の1日2試合という過酷日程。
錦織圭、大坂なおみはどう勝った?

5月16日朝のローマは、前日の雨がなかったかのような青空が広がっていた。私はいつもとは違う期待感に胸を膨らませ、バチカン市… 続きを読む

長谷部良太Ryota Hasebe

2019/05/17

大坂なおみ、同世代ライバルに連敗。「一番学んだこと」は心の重要性。

テニスPRESS

大坂なおみ、同世代ライバルに連敗。
「一番学んだこと」は心の重要性。

世界1位を逆転で破ったベリンダ・ベンチッチ(スイス)を祝福する大歓声に沸くコートで、手早く荷物をまとめた大坂なおみは、耳… 続きを読む

長谷部良太Ryota Hasebe

2019/05/10

大坂なおみは赤土を克服できるか。「ゾンビモード」でマドリード16強。

テニスPRESS

大坂なおみは赤土を克服できるか。
「ゾンビモード」でマドリード16強。

5月7日午前11時から始まった試合前の練習。心地良い初夏の風が頬をなでるマドリードの青空の下、大坂なおみはサーブを打たず、わ… 続きを読む

長谷部良太Ryota Hasebe

2019/05/08

クレーの“常識”を覆すデータと、大坂なおみ四大大会3連覇への道。~粘り強さよりサーブが大事?~

SCORE CARD

クレーの“常識”を覆すデータと、
大坂なおみ四大大会3連覇への道。
~粘り強さよりサーブが大事?~

プロツアーはクレーコートシーズンに突入、5月末に開幕する全仏オープンには大坂なおみの四大大会3連覇がかかる。クレーコートは… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/05/04

ベテランとの敗戦で見えてきた、“世界1位”としての大坂なおみの課題。

テニスPRESS

ベテランとの敗戦で見えてきた、
“世界1位”としての大坂なおみの課題。

大坂なおみはマイアミの波に乗り損ねた。白砂のビーチと青い海が見渡せるキービスケーンから、内陸にあるNFLドルフィンズの本拠… 続きを読む

吉谷剛Tsuyoshi Yoshitani

2019/03/25

連覇逃した女王に明るい表情。目が離せない“なおみ劇場”は続く。

テニスPRESS

連覇逃した女王に明るい表情。
目が離せない“なおみ劇場”は続く。

快進撃の始まりとなった地、インディアンウェルズに大坂なおみが戻って来たが、BNPパリバ・オープンの2連覇は4回戦でベリンダ・… 続きを読む

吉谷剛Tsuyoshi Yoshitani

2019/03/13

大坂なおみの成長とサーシャ“卒業”。成熟度で変化するコーチとの関係性。

テニスPRESS

大坂なおみの成長とサーシャ“卒業”。
成熟度で変化するコーチとの関係性。

大坂なおみがサーシャ・バインコーチの解任をSNSで発表したとき、ファンの方々の多くがそうであったように、筆者も困惑し、冗談… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/03/06

<WTA「BNPパリバ・オープン」展望>大坂なおみ、連覇への険しい挑戦。

テニスPRESS

<WTA「BNPパリバ・オープン」展望>
大坂なおみ、連覇への険しい挑戦。

今年一つ目のWTA〈プレミア・マンダトリー〉であり、同じく今年一つ目のATP〈マスターズ1000〉である『BNPパリバ・オープン』が… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/03/04

大坂なおみとサーシャの「別れ」。女子テニス特有のコーチの役割。

テニスPRESS

大坂なおみとサーシャの「別れ」。
女子テニス特有のコーチの役割。

大坂なおみが突然のコーチ解任を発表してから1週間が経つが、まだ何もかもがモヤモヤしたままだ。原因についての憶測が乱れ飛び… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/02/20

孤独な戦い、テニスの本質とは?試合中の指導がなじまない理由。~大坂なおみの理想は「すべて自分でやる」~

SCORE CARD

孤独な戦い、テニスの本質とは?
試合中の指導がなじまない理由。
~大坂なおみの理想は「すべて自分でやる」~

チェンジエンドのインターバルで、選手がコート脇のコーチに近づいていく。最初は何が起きたのかと思った。この全豪では予選とジ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/02/06

思考すら振り切る「大坂なおみ時代」。なぜ彼女だけが達成できたのか。

テニスPRESS

思考すら振り切る「大坂なおみ時代」。
なぜ彼女だけが達成できたのか。

大坂なおみ時代の到来。もう遠慮もためらいもなくそう言っていいだろう。全米オープン優勝からわずか5カ月足らず、南半球唯一の… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/27

大坂なおみとクビトバの人気者対決。勝者は「次の女王」に大きく近づく。

テニスPRESS

大坂なおみとクビトバの人気者対決。
勝者は「次の女王」に大きく近づく。

少なくともこの10年、女子テニスの関心事はこの一点に尽きるだろう。ポスト・セリーナは誰なのか――。今は世界ランク16位だが、… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/25

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。かつてお手本にしたプリスコバ超え。

スポーツ・インテリジェンス原論

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。
かつてお手本にしたプリスコバ超え。

一昨年の秋、『Number』937号で大坂なおみにインタビューした時のことだ。彼女はその年、2017年に経験した最も学びの大きかった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/01/24

大坂なおみの体型が明白に変わった。女子テニスに渦巻くフィジカル革命。

テニスPRESS

大坂なおみの体型が明白に変わった。
女子テニスに渦巻くフィジカル革命。

何度も窮地をしのぎ、大坂なおみが全豪オープン初のベスト8に駒を進めた。 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/22

大坂なおみとセリーナは再会するか。誰もが納得する「決着」を全豪で。

テニスPRESS

大坂なおみとセリーナは再会するか。
誰もが納得する「決着」を全豪で。

歴史に名を残す人物にはいつも、その起点となるべき始まりの物語や、印象的なエピソードが付随する。 続きを読む

内田暁Akatsuki Uchida

2019/01/18

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。個性が薄れる女子テニス界の異端。【2018年 テニス部門1位】

テニスPRESS

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。
個性が薄れる女子テニス界の異端。
【2018年 テニス部門1位】

2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。テニス部門の第1位はこちら! 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/12/27

1 2 3 4 5 6 NEXT >>

ページトップ