男子テニス 

雨で異例の1日2試合という過酷日程。錦織圭、大坂なおみはどう勝った?

雨で異例の1日2試合という過酷日程。
錦織圭、大坂なおみはどう勝った?

テニスPRESS

5月16日朝のローマは、前日の雨がなかったかのような青空が広がっていた。私はいつもとは違う期待感に胸を膨らませ、バチカン市国近くのホテルを出てタクシーで10分ほどの会場に向かった。そう、この日は錦織圭や大…続きを読む

長谷部良太Ryota Hasebe

2019/05/17

ナダルが今季クレーで優勝ゼロ。33歳にして正念場を乗り越えるか。

テニスPRESS

ナダルが今季クレーで優勝ゼロ。
33歳にして正念場を乗り越えるか。

日本選手以外ならどのテニス選手が好きかと問われたら、私ならまずラファエル・ナダルの名前が浮かぶ。スペイン、マヨルカ島出身… 続きを読む

長谷部良太Ryota Hasebe

2019/05/16

錦織圭、苦戦しつつも16強に進出。コートでのつらそうな顔が気になる。

テニスPRESS

錦織圭、苦戦しつつも16強に進出。
コートでのつらそうな顔が気になる。

5月8日正午過ぎ。前日、大坂なおみが世界ランキング73位のサラ・ソリベスに苦戦を強いられたコートに姿を見せた錦織圭。 続きを読む

長谷部良太Ryota Hasebe

2019/05/09

ここ2年足らずで初優勝が7人。BIG4の独占崩れたマスターズ。~錦織圭も「チャンスはある」~

SCORE CARD

ここ2年足らずで初優勝が7人。
BIG4の独占崩れたマスターズ。
~錦織圭も「チャンスはある」~

男子ツアーで四大大会に次ぐ格付けのマスターズ1000シリーズ(以下MS)は今年が創設30年目となる。四大大会は別格だが、年間9大… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2019/04/07

レジェンドに挑む「ネクストジェン」。フェデラーは世代交代を恐れない。

テニスPRESS

レジェンドに挑む「ネクストジェン」。
フェデラーは世代交代を恐れない。

来るべき顔ぶれがついにセンターステージで暴れ始めた。 先週、今シーズン2つ目のマスターズ大会となるマイアミ・オープンでカナ… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/04/04

錦織圭が無冠の天才から脱するため、好相性のマイアミで見たい執念。

錦織圭、頂への挑戦

錦織圭が無冠の天才から脱するため、
好相性のマイアミで見たい執念。

今年最初のマスターズであるインディアンウェルズは、オーストリアのドミニク・ティームのマスターズ初優勝で幕を閉じた。 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/03/22

西岡良仁は男子テニス界の個性だ。身長170cmでトップ100という自負。

テニスPRESS

西岡良仁は男子テニス界の個性だ。
身長170cmでトップ100という自負。

錦織圭が逆転負けを喫し、大坂なおみまで完敗し、ダブルスでも誰もいなくなっている中、日本選手で最後に生き残ったのは西岡良仁… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/03/14

錦織圭が珍しい髪型で初戦に勝利。ギリギリの試合、冗談交じりの会見。

テニスPRESS

錦織圭が珍しい髪型で初戦に勝利。
ギリギリの試合、冗談交じりの会見。

春の足音が聞こえてくると心は躍り、新しい変化に足を踏み出したくなるものである。インディアンウェルズは前日までの強風が収ま… 続きを読む

吉谷剛Tsuyoshi Yoshitani

2019/03/11

「一番キツい時にジョコビッチ」を避けるため、錦織圭に必要なこと。

錦織圭、頂への挑戦

「一番キツい時にジョコビッチ」を
避けるため、錦織圭に必要なこと。

ロッド・レーバー・アリーナの熱気はさほど高まらないまま、1万5000の観客は蓄えていたエネルギーの行き場を失った。どれほどの… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/24

錦織圭対カレノブスタ、極上の陶酔。年に数試合しかない最高のテニス。

テニスPRESS

錦織圭対カレノブスタ、極上の陶酔。
年に数試合しかない最高のテニス。

四大大会では、1大会に2つか3つ、とんでもない試合がある。選手の心技体ががっちり噛み合い、格闘技のようなラリーが続く、いつ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/01/22

錦織圭の最終セットは「世界一」。BIG4級の精神力を示す数字と歴史。

錦織圭、頂への挑戦

錦織圭の最終セットは「世界一」。
BIG4級の精神力を示す数字と歴史。

地面に両膝を落とし、両手を前につき、しばらく動けなかった。「負けるタイミングが2、3回あった。そこから挽回して、気持ちを切… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/18

錦織圭の逆転勝利は必然だった。「この10年の経験値が僕の武器」

テニスPRESS

錦織圭の逆転勝利は必然だった。
「この10年の経験値が僕の武器」

錦織圭が全豪オープン1回戦敗退の危機をなんとか脱した。予選から勝ち上がった世界ランキング176位、カミル・マイクシャク(ポー… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/01/16

錦織圭、2019年は勝負のシーズン。テニスの「29歳」という分岐点。

テニスPRESS

錦織圭、2019年は勝負のシーズン。
テニスの「29歳」という分岐点。

テニス選手のオフシーズンは短い。つい先日、日東ATPファイナルズの激闘が繰り広げられていた、そんな感覚だが、12月31日には早… 続きを読む

今田望未Nozomi Imada

2018/12/29

“最後のデ杯”王者はクロアチア。変革必至のテニス界の行方は?

テニスPRESS

“最後のデ杯”王者はクロアチア。
変革必至のテニス界の行方は?

男子テニスの国別対抗戦、デビスカップが118年の歴史に幕を閉じた。実際はまったく姿を変えた国別対抗戦が来年からも『デビスカ… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/12/01

錦織、5年で4度目の最終戦は、不断の努力で成した偉業。~継続には、初記録と同等以上の価値がある~

SCORE CARD

錦織、5年で4度目の最終戦は、
不断の努力で成した偉業。
~継続には、初記録と同等以上の価値がある~

錦織圭が年間成績上位8人による日東電工ATPファイナルズに2年ぶりの出場を果たした。この5年間で4度目の出場だ。 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2018/11/28

錦織圭「十分すぎる1年だった」ファイナルズ敗退も自然と前向き。

テニスPRESS

錦織圭「十分すぎる1年だった」
ファイナルズ敗退も自然と前向き。

両選手とも、悪い状態をいかに立て直すかがこの試合のテーマだった。ATPファイナルズ、ラウンドロビン(1次リーグ)第2戦で、錦… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/11/16

錦織圭「今年最悪の試合の1つ」0-6、1-6の大敗はなぜ起きたか。

テニスPRESS

錦織圭「今年最悪の試合の1つ」
0-6、1-6の大敗はなぜ起きたか。

錦織圭は「今年最悪の試合の1つ」と振り返った。複数の要因が重ならないと、なかなか0-6、1-6のスコアにはならない。なぜ、こ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/11/14

錦織圭の工夫とフェデラー撃破。“勝ちビビリ”は微塵もなかった。

テニスPRESS

錦織圭の工夫とフェデラー撃破。
“勝ちビビリ”は微塵もなかった。

お互い調子は良くなかったが、ロジャー・フェデラーのミスに助けられた、勝つには勝ったが――そんなふうに総括してしまうと、こ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/11/12

ATPファイナルズ出場直前、デルポトロに再びの悪夢が。~8年がかりで復活を果たした矢先の悲劇~

SCORE CARD

ATPファイナルズ出場直前、
デルポトロに再びの悪夢が。
~8年がかりで復活を果たした矢先の悲劇~

さすがに何かを呪いたい気持ちになったのではないか。フアンマルティン・デルポトロが上海の大会で右膝蓋骨を骨折、今季の残り試… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

有料

2018/11/03

錦織圭は決勝8連敗でも勝負強い?ランク急上昇の謎をデータで究明。

テニスPRESS

錦織圭は決勝8連敗でも勝負強い?
ランク急上昇の謎をデータで究明。

つい8カ月前、錦織圭は闇の中にいた。下部ツアーのチャレンジャー大会で初戦敗退。翌週の同じくチャレンジャー大会、痛めた手首… 続きを読む

今田望未Nozomi Imada

2018/10/17

ページトップ