サッカー 

ジュビロは残るべくして残留し、ヴェルディは誇りとともに散った。

ジュビロは残るべくして残留し、
ヴェルディは誇りとともに散った。

JリーグPRESS

残酷かつスリリングな一発勝負は、意外なほどスムーズに着地した。12月8日のJ1参入プレーオフ決定戦は、J1リーグのジュビロ磐田の勝利に終わった。続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/12/11

多くのオファーから、なぜ長崎を?手倉森監督「ものすごい強さで勝つ」

JリーグPRESS

多くのオファーから、なぜ長崎を?
手倉森監督「ものすごい強さで勝つ」

サッカーの監督でありながら、サッカー以外のことを考えている。戦術や戦略以外の角度からも、自らの仕事にアプローチする。手倉… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/12/11

大迫勇也の高校同期&後輩が知る、「一番半端なかった」伝説とは。

“ユース教授”のサッカージャーナル

大迫勇也の高校同期&後輩が知る、
「一番半端なかった」伝説とは。

11月下旬、静岡駅で新幹線を降りてから、東海道本線に乗り換えて焼津駅に降り立つと、タクシーで日本有数の漁港を観ながら、とあ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/12/11

アジア杯シリア監督、シュタンゲ。戦争に負けず生きる70歳の半生。

フランス・フットボール通信

アジア杯シリア監督、シュタンゲ。
戦争に負けず生きる70歳の半生。

読者の皆さんはベルント・シュタンゲを覚えているだろうか。かつてのイラク代表監督であり、ロシアワールドカップ2次予選ではシ… 続きを読む

アレクシス・メヌージュAlexis Menuge

2018/12/11

レッズの栄光は「1-0」が似合う。天皇杯制覇に凝縮された浦和イズム。

JリーグPRESS

レッズの栄光は「1-0」が似合う。
天皇杯制覇に凝縮された浦和イズム。

冬空の夜に浦和レッズの応援がやむことなく響き、歓喜で揺れる真っ赤な埼玉スタジアム。しぶとく守り、スコアは1-0。12月9日の… 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

2018/12/10

「大迫半端ないって!」に新証言。もうひとりの「中西」に直撃取材!

“ユース教授”のサッカージャーナル

「大迫半端ないって!」に新証言。
もうひとりの「中西」に直撃取材!

「滝川第二 キャプテン 中西」このワードでネット検索をすると、頭から「大迫、半端ないって」という言葉と、「中西隆裕」とい… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/12/10

吉田麻也は監督交代に明るい表情。「サウサンプトンに合っている」

プレミアリーグの時間

吉田麻也は監督交代に明るい表情。
「サウサンプトンに合っている」

サッカーの母国として知られる英国は、古生物学発祥の地でもある。1859年に出版された『種の起源』で進化論を説いた自然科学者、… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2018/12/08

“サッカー小僧”中島翔哉が日本の「10番」になるまで。

Number Ex

“サッカー小僧”中島翔哉が
日本の「10番」になるまで。

「あちこちのフットサルコートへ“道場破り”」「カバンのなかにはいつもミニサッカーボール」「U-17代表時代、競技場通路の人混… 続きを読む

生島洋介(Number編集部)Yosuke Ikushima

2018/12/08

浦和・槙野&宇賀神の走り方改革。常に踵を上げて、手はグーからパー。

JリーグPRESS

浦和・槙野&宇賀神の走り方改革。
常に踵を上げて、手はグーからパー。

陸上競技の専門家から見れば、日本のプロサッカー選手には伸びしろがまだまだあるという。言い換えれば、改善の余地があるのだ。 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

2018/12/08

森崎兄弟が語る“ポイチ流”の秘密。選手のテンションが自然に上がる。

Number Ex

森崎兄弟が語る“ポイチ流”の秘密。
選手のテンションが自然に上がる。

企画のヒントは過去にある。4勝1分。就任間もない森保一監督率いる日本代表はなぜ強いのか。その答えはきっと1つではないだろう… 続きを読む

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

2018/12/07

ヴェルディ守護神・上福元直人のカシージャスと同じ儀式と勇気。

JリーグPRESS

ヴェルディ守護神・上福元直人の
カシージャスと同じ儀式と勇気。

ゴールを背にし、まずは右のポストに頭を寄せて両手で包む。ジャンプしてクロスバーを手で触れ、左のポストにも同じ所作。 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2018/12/07

バルサは首位だがバランスが悪い。クラブ史に残る失点数の原因とは。

リーガ・エスパニョーラ最前線

バルサは首位だがバランスが悪い。
クラブ史に残る失点数の原因とは。

第13節で転落した首位に、ビジャレアルを破ったバルセロナが早速返り咲いた。その事実だけを見るならさすがの盤石ぶりを感じるが… 続きを読む

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

2018/12/07

横浜FCと瀬沼優司がJ1を逃して涙。東京V戦、終了間際の2つのプレー。

“ユース教授”のサッカージャーナル

横浜FCと瀬沼優司がJ1を逃して涙。
東京V戦、終了間際の2つのプレー。

あまりにも残酷な結末だった。J1参入プレーオフ2回戦の横浜FCvs.東京ヴェルディ。リーグ3位の横浜FCは、6位の東京ヴェルディとホ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/12/07

「新たなネイマール」の挫折と今。ガビゴル、祖国ブラジルでの変貌。

海外サッカーPRESS

「新たなネイマール」の挫折と今。
ガビゴル、祖国ブラジルでの変貌。

リオ五輪サッカーのブラジル代表には、注目のガブリエルがふたりいた。ひとりは、センターフォワードのガブリエル・ジェズス。20… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/12/06

柏J2降格も中山雄太の才は必見だ。CBもできて、点を取れるボランチ。

JリーグPRESS

柏J2降格も中山雄太の才は必見だ。
CBもできて、点を取れるボランチ。

言いたいことや撮ったものをだれもが自由に発信できるようになったいま、ライターやカメラマンの間でしばしば議論になるテーマが… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

2018/12/06

イカルディなどスター候補は多い。アルゼンチン代表監督は大丈夫か?

海外サッカーPRESS

イカルディなどスター候補は多い。
アルゼンチン代表監督は大丈夫か?

11月29日、AFA(アルゼンチンサッカー協会)は、現在臨時でアルゼンチン代表を指揮しているリオネル・スカローニU-20代表監督を… 続きを読む

藤坂ガルシア千鶴Chizuru de Garcia

2018/12/05

仏誌でハリルホジッチが独占告白。ナント復活の手応えと日本の思い出。

フランス・フットボール通信

仏誌でハリルホジッチが独占告白。
ナント復活の手応えと日本の思い出。

10月頭にリーグ・アンの名門FCナントの監督に就任したヴァイッド・ハリルホジッチは、大胆なチーム改革を実行し、19位だったリー… 続きを読む

レミー・ラコンブRemy Lacombe

2018/12/04

長谷部誠は常に変化しつつ生き残る。AFC最優秀選手と、新体制での信頼。

欧州サッカーPRESS

長谷部誠は常に変化しつつ生き残る。
AFC最優秀選手と、新体制での信頼。

11月29日ヨーロッパリーググループリーグ第5節。ホームにマルセイユを迎えたフランクフルトは、4-0で快勝した。 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/12/04

自由を謳歌しているベンゲルが、もし今のアーセナルを語ったら。

欧州サッカーPRESS

自由を謳歌しているベンゲルが、
もし今のアーセナルを語ったら。

22年にも及ぶプレッシャーから解放され、いまアーセン・ベンゲルは自由を謳歌している。レアル・マドリーやパリSG、バイエルンの… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/12/04

ミシャはなぜ札幌で愛されるか。北海道にはロマン主義がよく似合う。

スポーツ百珍

ミシャはなぜ札幌で愛されるか。
北海道にはロマン主義がよく似合う。

やっぱりミシャって、ロマンチストすぎるから「あと一歩」なんだろうか――。札幌ドームに2018シーズン最後のタイムアップの笛が… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2018/12/04

サッカー日本代表
Jリーグ
海外サッカー
高校サッカー

ページトップ