サッカー日本代表 

試合を楽しんでメキシコに完勝。U-20W杯の日本、決勝T確実か。

“ユース教授”のサッカージャーナル

試合を楽しんでメキシコに完勝。
U-20W杯の日本、決勝T確実か。

U-20W杯グループリーグ第2戦。メキシコと対戦したU-20日本代表のMF藤本寛也(東京V)は、試合を通して“パズルゲーム”を楽しんで… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/27

U-20W杯初戦で南米得点王を封殺。CB瀬古歩夢に漂うリーダーの風格。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯初戦で南米得点王を封殺。
CB瀬古歩夢に漂うリーダーの風格。

エースを封じる大役を任された男は、時間が経つごとに集中力を研ぎ澄ましていった。U-20W杯の開幕戦、南米王者のU-20エクアドル… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/24

影山ジャパンの初戦は南米王者と。U-20W杯、決勝T進出の可能性は?

“ユース教授”のサッカージャーナル

影山ジャパンの初戦は南米王者と。
U-20W杯、決勝T進出の可能性は?

いよいよ23日からポーランドで開催されるU-20W杯が開幕する。ここでは日本がグループリーグで対戦する3カ国の紹介を中心に、大会… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/21

U-20W杯に滑り込んだアタッカー。G大阪・中村の「敬斗ゾーン」を見よ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯に滑り込んだアタッカー。
G大阪・中村の「敬斗ゾーン」を見よ。

諦めなかった。僅かなチャンスでも逃さないつもりだった――。5月23日に開幕するU-20W杯に出場するU-20日本代表の最終メンバーに… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/16

小林祐希、中島翔哉らと通ずるもの。東京V藤本寛也がU-20W杯で輝く理由。

話が終わったらボールを蹴ろう

小林祐希、中島翔哉らと通ずるもの。
東京V藤本寛也がU-20W杯で輝く理由。

東京ヴェルディは、かつては育成王国と言われ、今もその伝統が受け継がれている。過去には菊原志郎、財前宣之ら天才と言われた選… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/05/15

U-20W杯、10番主将は頼れる男。齊藤未月「闘争心をむき出しに」

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯、10番主将は頼れる男。
齊藤未月「闘争心をむき出しに」

5月7日に23日から開幕するU-20W杯の最終メンバーが発表された。湘南ベルマーレのMF齊藤未月はメンバー入りを果たすと共に、10番… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/14

久保建英、安部裕葵ら不在のU-20W杯。鍵を握る2年前のイングランド戦とは。

“ユース教授”のサッカージャーナル

久保建英、安部裕葵ら不在のU-20W杯。
鍵を握る2年前のイングランド戦とは。

5月7日、JFAハウスにて23日からポーランドで開幕するU-20W杯の最終メンバー21名が発表された。チームを率いる影山雅永監督が、関… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/09

W杯開幕を目前に控えたなでしこ。長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。

なでしこジャパンPRESS

W杯開幕を目前に控えたなでしこ。
長谷川唯、岩清水梓たちの勝算。

夜のグラウンドを煌々と照らしていたライトが消えた。時刻は午後8時半を回っている。 東京都稲城市、日本の女子サッカー界を牽引… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2019/05/05

「黄金世代」と呼ばれて20年。日本サッカーに名を刻んだ若者たち。

Number PLAYBACK

「黄金世代」と呼ばれて20年。
日本サッカーに名を刻んだ若者たち。

「あれから20年」そう切り出すと、3人それぞれに何とも言えない含みのある表情を見せた。1999年4月。のちに「黄金世代」と呼ばれ… 続きを読む

細江克弥Katsuya Hosoe

2019/05/02

平成日本サッカーの夜明け(3)1995年のワールドユースが変えた物。

サッカー日本代表PRESS

平成日本サッカーの夜明け(3)
1995年のワールドユースが変えた物。

1993年(平成5年)の“ドーハの悲劇”から2カ月後、U-18日本代表が立ち上げられた。 監督の田中孝司は'92年(平成4年)のアジア… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/04/29

平成日本サッカーの夜明け(2)世界ベスト8に輝いた16歳の中田英寿。

サッカー日本代表PRESS

平成日本サッカーの夜明け(2)
世界ベスト8に輝いた16歳の中田英寿。

1993年(平成5年)の日本サッカーで、まず思い浮かぶのは5月のJリーグ開幕であり、10月の“ドーハの悲劇”だろう。プロサッカー… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/04/28

平成日本サッカーの夜明け(1)1992年の西野朗と韓国の高い壁。

サッカー日本代表PRESS

平成日本サッカーの夜明け(1)
1992年の西野朗と韓国の高い壁。

平成という時代の日本サッカーを語るときに、誰もが起点と考えるのは1993年(平成5年)だろう。5月のJリーグ開幕と10月の“ドー… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/04/27

神戸の“教材”を手にU-20W杯へ!郷家友太の解答用紙は埋まる?

“ユース教授”のサッカージャーナル

神戸の“教材”を手にU-20W杯へ!
郷家友太の解答用紙は埋まる?

開幕まであと1カ月に迫ったU-20W杯。 国内最後となった千葉合宿(4月14~16日)で、MF郷家友太(ヴィッセル神戸)は最終メンバー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/25

熾烈なメンバー選考、新ルールも導入。開幕迫るU-20W杯の切符は誰に?

“ユース教授”のサッカージャーナル

熾烈なメンバー選考、新ルールも導入。
開幕迫るU-20W杯の切符は誰に?

5月23日に開幕する2年に1度のU-20W杯。東欧ポーランドで開催される今回、日本はエクアドル、メキシコ、イタリアと同じグループリ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/24

なでしこDF熊谷紗希、3度目のW杯へ。受け継がれるキャプテンマークの重み。

なでしこジャパンPRESS

なでしこDF熊谷紗希、3度目のW杯へ。
受け継がれるキャプテンマークの重み。

4月11日、フランスの南東部の都市、リヨン。 なでしこジャパンの欧州遠征を終えた熊谷紗希は、所属クラブのオリンピック・リヨン… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/04/24

安部裕葵がU-20W杯で狙うもの。欧州移籍と「満男さんの代」越え。

話が終わったらボールを蹴ろう

安部裕葵がU-20W杯で狙うもの。
欧州移籍と「満男さんの代」越え。

ポーランドで5月から開催されるU-20W杯に向け、国内合宿が終わった。久保建英をはじめ、数人がチーム事情で参加ができないメンバ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/04/20

2カ月後のW杯を前に現れた新星たち。なでしこは「伸びしろだらけです」。

なでしこジャパンPRESS

2カ月後のW杯を前に現れた新星たち。
なでしこは「伸びしろだらけです」。

6月にフランスで開催されるFIFA女子ワールドカップまで2カ月弱と迫る中、事前の強化のため、なでしこジャパンが4月1日から11日の… 続きを読む

日々野真理Mari Hibino

2019/04/14

日本代表・正GKへ名乗り。東口順昭に宿る守護神の資質。~勝利を呼ぶ存在感が理想~

SCORE CARD

日本代表・正GKへ名乗り。
東口順昭に宿る守護神の資質。
~勝利を呼ぶ存在感が理想~

PKは言わば決められて当たり前だ。ゴールキーパーは10本のうち1本、2本でも止めれば、それが大仕事となる。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

有料

2019/04/13

中島翔哉、堂安律、久保建英らは「令和」の国民的ヒーローとなれるか。

サッカー日本代表PRESS

中島翔哉、堂安律、久保建英らは
「令和」の国民的ヒーローとなれるか。

東京ドームに残った多くのファンに、引退を決めたイチローが晴れやかな笑顔で手を振っている。蘇ったのは、もう50年近くも昔の記… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2019/04/04

学生服姿の少年が見せた悔しい顔。9年後の昌子源は「物凄く、成長した」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

学生服姿の少年が見せた悔しい顔。
9年後の昌子源は「物凄く、成長した」。

日行われたキリンチャレンジカップ、日本代表vs.ボリビア代表の一戦。会場となったノエビアスタジアム神戸のミックスゾーンでの… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/03/31

ページトップ