遠藤渓太 

遠藤渓太&原口元気のウニオン、戦術は“ハリル型っぽい”? 日本代表が“W杯で格上に勝つ”ため参考になるスタイルとは

核心にシュートを!

遠藤渓太&原口元気のウニオン、戦術は“ハリル型っぽい”? 日本代表が“W杯で格上に勝つ”ため参考になるスタイルとは

現在もチーム編成作業は続いているので、以下はあくまでも昨シーズンのデータである。それでもやはり、遠藤渓太が所属し、原口元… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

海外サッカー

2021/07/12

マンガみたいな久保建英の“4人股抜き弾”以外もアガる場面ばかり…  Jサポ視点で描く「代表戦イラストで振り返り」

JリーグPRESS

マンガみたいな久保建英の“4人股抜き弾”以外もアガる場面ばかり… Jサポ視点で描く「代表戦イラストで振り返り」

見ようと思えば24時間サッカー見られるんじゃないか? という幸せすぎる状態でしたが(笑)、今回はJサポ視点でA代表とU-24代表… 続きを読む

千田純生JUNSEI CHIDA

Jリーグ

2021/06/17

「OAはなぜ吉田麻也・遠藤航・酒井宏樹なの?」「三笘薫は生き残れる?」日本代表メンバーで気になる“3つの論点”

サッカー日本代表PRESS

「OAはなぜ吉田麻也・遠藤航・酒井宏樹なの?」「三笘薫は生き残れる?」日本代表メンバーで気になる“3つの論点”

久保建英のプレー解説でお馴染みの中西哲生氏に、今回のメンバー発表から3つの論点を絞り込んでもらった。「2つの代表チームのリ… 続きを読む

中西哲生+戸塚啓Tetsuo Nakanishi + Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/05/21

遠藤渓太がウニオン完全移籍も“ハッピーではない”と語る理由 「F・マリノスでプロ1、2年目に戻ったような感覚なんです」

核心にシュートを!

遠藤渓太がウニオン完全移籍も“ハッピーではない”と語る理由 「F・マリノスでプロ1、2年目に戻ったような感覚なんです」

最初の1年間のレンタル移籍期間での戦いぶりを評価された遠藤は、4月には完全移籍の権利を勝ち取った。だからきっと、幸せをかみ… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

海外サッカー

2021/05/21

三笘がまさかの苦戦 “激戦すぎる”東京五輪メンバー「誰が生き残る?」「OA枠の最有力候補」を考えてみた

話が終わったらボールを蹴ろう

三笘がまさかの苦戦 “激戦すぎる”東京五輪メンバー「誰が生き残る?」「OA枠の最有力候補」を考えてみた

森保一監督は24歳以上の選手を起用できるOA(オーバーエイジ)の起用を公言しているので、3名の枠を目一杯使うのはほぼ間違いな… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2021/03/30

ブンデス降格候補→大健闘のクラブで響く負傷出遅れ… 遠藤渓太よ、監督の「腹の中の感情」をつかめ

欧州サッカーPRESS

ブンデス降格候補→大健闘のクラブで響く負傷出遅れ… 遠藤渓太よ、監督の「腹の中の感情」をつかめ

ブンデスリーガ前半戦を振り返って一番センセーショナルなチームは? と聞かれたら多くの人は迷わずウニオン・ベルリンの名前を… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

海外サッカー

2021/02/01

マリノス前監督モンバエルツがACL初制覇へエール「喜田と天野は素晴らしい選手になった。あとは…」

ワインとシエスタとフットボールと

マリノス前監督モンバエルツがACL初制覇へエール「喜田と天野は素晴らしい選手になった。あとは…」

素晴らしい環境で大きな成果をあげながら、モンバエルツはどうして帰国という決断を下したのか。話は核心へと近づいていく。さら… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

Jリーグ

2020/12/06

横浜F・マリノスに10年ぶりに帰還。水沼宏太の優しいクロスに見惚れる。

サムライブルーの原材料

横浜F・マリノスに10年ぶりに帰還。
水沼宏太の優しいクロスに見惚れる。

小野伸二のエンジェルパスならぬ、それは水沼宏太のエンジェルクロス。受け手に優しく届けてはゴールに導いている。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/08/28

長谷部誠がいま感じる幸福と無力。「心からサッカーを楽しめている」

欧州サッカーPRESS

長谷部誠がいま感じる幸福と無力。
「心からサッカーを楽しめている」

表情が生き生きとしている。フレッシュなモチベーションに、心も身体も包まれているようだ。ドイツ・ブンデスリーガで14年目のシ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

海外サッカー

2020/08/25

ファン2000人が善意で本拠地工事。遠藤渓太加入ウニオンの熱が凄い。

欧州サッカーPRESS

ファン2000人が善意で本拠地工事。
遠藤渓太加入ウニオンの熱が凄い。

「クラブよりも偉大な存在はいない」遠藤渓太が横浜F・マリノスからレンタル移籍した、ウニオン・ベルリンの合言葉だ。 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

海外サッカー

2020/08/23

遠藤渓太が日本人3番目の“神”に。鉄のウニオンで期待される役割とは。

ブンデス・フットボール紀行

遠藤渓太が日本人3番目の“神”に。
鉄のウニオンで期待される役割とは。

ウニオンが遠藤に白羽の矢を立てたのは、意外だと思いました。遠藤は東京五輪の日本代表候補として、将来を嘱望される22歳の若武… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

海外サッカー

2020/08/14

「鹿島の2番」へ常本佳吾の挑戦。明治大SBの理想はラームの万能性。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「鹿島の2番」へ常本佳吾の挑戦。
明治大SBの理想はラームの万能性。

多岐にわたる役割のすべてを高いレベルでこなせる「ハイスペックなサイドバック」として期待されているのが、来季、鹿島アントラ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2020/07/29

U-23選手権、ポジション争い構図。東京五輪の18人に生き残るのは誰?

Jをめぐる冒険

U-23選手権、ポジション争い構図。
東京五輪の18人に生き残るのは誰?

これまでメディアに対して「サバイバル」「生き残り」という言葉をあまり発してこなかった森保一監督が、会見やその後の囲み取材… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2020/01/09

マンCというよりリバプールみたい。「楽しすぎる」マリノスが得た栄冠。

球体とリズム

マンCというよりリバプールみたい。
「楽しすぎる」マリノスが得た栄冠。

それだけの観衆を集めた最大の要因は、ホームの横浜F・マリノスの披露するフットボールそのものにあったと思う。2年目のアンジェ… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

Jリーグ

2019/12/09

E-1選手権&U-22代表発表。初選出のマリノス仲川輝人にブレイクの気配。

サッカー日本代表PRESS

E-1選手権&U-22代表発表。初選出の
マリノス仲川輝人にブレイクの気配。

A代表は従来の4バックを踏襲してチームづくりを進めてきた一方で、東京五輪世代は3バックが基本になっています。完敗の理由はそ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2019/12/05

横浜F・マリノスでの3年間を告白。モンバエルツ前監督は何を目指した?

ワインとシエスタとフットボールと

横浜F・マリノスでの3年間を告白。
モンバエルツ前監督は何を目指した?

エリク・モンバエルツが、横浜F・マリノスでの3年間の任期を終えてフランスに帰国した。集大成の年となるはずだった昨季はJリー… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

Jリーグ

2018/01/30

「単なるスーパーサブじゃない」U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「単なるスーパーサブじゃない」
U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

ドリブルを得意とし、サイドからガンガン突破を仕掛けていくタイプの選手は、試合の流れを一気に変える存在として、チームのスー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2017/05/18

「タイミングがズレる」U-20の不安。必要なのは、サッカーを楽しむ自信。

話が終わったらボールを蹴ろう

「タイミングがズレる」U-20の不安。
必要なのは、サッカーを楽しむ自信。

「合宿の練習でやったことができたのは50%ぐらいかな」U-20W杯の大会前キャンプの締めとなる練習試合のホンジュラス戦後、堂安… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2017/05/17

U-19が日本初アジア制覇に王手。準決勝ベトナム戦で見た万全の組織力。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-19が日本初アジア制覇に王手。
準決勝ベトナム戦で見た万全の組織力。

AFC U-19選手権の準々決勝でタジキスタンに4-0で勝利し、来年のU-20W杯の出場権を掴み取ったU-19日本代表。しかし、この戦いは… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2016/10/28

最上級生からプロ1年目となる難しさ。10年ぶりW杯へU-19世代の試行錯誤。

“ユース教授”のサッカージャーナル

最上級生からプロ1年目となる難しさ。
10年ぶりW杯へU-19世代の試行錯誤。

10年ぶりの世界は、日本サッカー界にとって至上命題となる。10月14日に開幕するAFC U-19選手権。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2016/10/08

ページトップ