ユリアン・ナーゲルスマン 

監督交代は意味がない!? 50年間の統計では「効果は何もない」という結論も、その成否を分ける決定的な要素とは?

欧州サッカーPRESS

監督交代は意味がない!? 50年間の統計では「効果は何もない」という結論も、その成否を分ける決定的な要素とは?

どんなスポーツでもそうだろうが、結果がついてこなければ「監督交代」が議論のテーマとなる。欧州サッカー界であれば、優勝争い… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

海外サッカー

2021/07/31

ブンデスリーガ“激動の監督人事”…4人の「スライド移籍」&7人の“ラングニック派”で来季の勢力図はどう変わる?

ブンデス・フットボール紀行

ブンデスリーガ“激動の監督人事”…4人の「スライド移籍」&7人の“ラングニック派”で来季の勢力図はどう変わる?

ドイツはすでに2020-21シーズンのブンデスリーガおよびUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグなどの各種大会が終了し… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

海外サッカー

2021/06/16

バイエルンの新監督、ナーゲルスマン33歳の“チームのほぼ全員を成長させる”手法とは? ベースには「祖父の教え」が

欧州サッカーPRESS

バイエルンの新監督、ナーゲルスマン33歳の“チームのほぼ全員を成長させる”手法とは? ベースには「祖父の教え」が

リーグ9連覇を遂げたドイツサッカー界の盟主バイエルンで、来季から監督を務めるのがユリアン・ナーゲルスマン(33歳)だ。28歳… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

海外サッカー

2021/06/10

若き名将の栄光と転落… ナーゲルスマンは34歳でバイエルン、16歳から指導者ビラス・ボアスの“意外な二刀流”とは

欧州サッカーPRESS

若き名将の栄光と転落… ナーゲルスマンは34歳でバイエルン、16歳から指導者ビラス・ボアスの“意外な二刀流”とは

このところ、若き指揮官たちがフットボール界を賑わせている。RBライプツィヒの現監督、ユリアン・ナーゲルスマンがバイエルンに… 続きを読む

三重野翔大Shodai Mieno

海外サッカー

2021/05/10

33歳ナーゲルスマン電撃就任… 6冠王者バイエルンのフリック監督はなぜ今季限りで辞めるのか? フロントと衝突の真相とは

欧州サッカーPRESS

33歳ナーゲルスマン電撃就任… 6冠王者バイエルンのフリック監督はなぜ今季限りで辞めるのか? フロントと衝突の真相とは

ドイツサッカー界に激震が走った。4月17日、第29節のボルフスブルク戦に勝利したバイエルンのハンス・ディーター・フリック監督… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

海外サッカー

2021/04/28

クロップにナーゲルスマン、今やクローゼも 若き名将とドイツ指導者改革 “ある男の勇気”と協会のアイデア

欧州サッカーPRESS

クロップにナーゲルスマン、今やクローゼも 若き名将とドイツ指導者改革 “ある男の勇気”と協会のアイデア

2020年の欧州サッカーシーンを振り返ってみて、興味深いことの1つにあげられるのがドイツ人指導者の躍進ではないだろうか。 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

海外サッカー

2021/01/12

若き天才監督ナーゲルスマンの思考。CL準決勝でトゥヘルと運命の決戦。

欧州サッカーPRESS

若き天才監督ナーゲルスマンの思考。
CL準決勝でトゥヘルと運命の決戦。

28歳でホッフェンハイムの監督に就任したときには、誰からも懐疑的にみられていた。だが、当時から自信にあふれた立ち居振る舞い… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

海外サッカー

2020/08/18

ブンデスとJ1の監督を比べてみた。若手が多いドイツ、多国籍な日本。

ブンデス・フットボール紀行

ブンデスとJ1の監督を比べてみた。
若手が多いドイツ、多国籍な日本。

ドイツ・ブンデスリーガはウィンターブレイクも明け、再び熱いリーグ優勝争いが繰り広げられています。ドイツでは、便宜上ウィン… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

海外サッカー

2019/02/08

緻密な戦術とゲルマン魂を併せ持つホッフェンハイムと31歳監督の頭脳。

ブンデスリーガ蹴球白書

緻密な戦術とゲルマン魂を併せ持つ
ホッフェンハイムと31歳監督の頭脳。

確かに成績だけを見ると、物足りない。でも――。ドルトムント、バイエルン、シャルケといったドイツ勢が今季のチャンピオンズリ… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

海外サッカー

2018/11/26

幼稚園児のようにボールを追う、ライプツィヒとラングニック哲学。

ブンデス・フットボール紀行

幼稚園児のようにボールを追う、
ライプツィヒとラングニック哲学。

2018-19シーズンのドイツ・ブンデスリーガが遂に開幕しました。今季も昨季と同じく金曜、土曜、日曜の分散開催。8月24日に王者バ… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

海外サッカー

2018/09/07

隠居からバイエルン復帰で偉業達成。ハインケスはコミュ力重視の名将だ。

ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!

隠居からバイエルン復帰で偉業達成。
ハインケスはコミュ力重視の名将だ。

「隠居生活していた伝説の漁師が漁場にフラッと現われて、時化なのに次々と魚を釣り上げては絶品料理を作り出したようなもの」 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

海外サッカー

2018/05/03

1対1なしでボールを奪うのが最先端!?29歳の監督がブンデスの文化を覆す。

ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!

1対1なしでボールを奪うのが最先端!?
29歳の監督がブンデスの文化を覆す。

ツヴァイカンプフ(1対1)なしにボールを奪う――。ことさらに「デュエル」の重要性を説く日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ… 続きを読む

遠藤孝輔Kosuke Endo

海外サッカー

2016/11/22

28歳の超若手監督が巻き起こす、ホッフェンハイムの蹴球IT革命。

フットボール“新語録”

28歳の超若手監督が巻き起こす、
ホッフェンハイムの蹴球IT革命。

ブンデスリーガでは監督選考において「戦術家ブーム」が訪れており、選手時代の実績はほぼ問われなくなった。 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2015/11/02

ページトップ