Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[約束を胸に]板倉滉「声をからして、心痛めて」

posted2022/12/20 07:01

 
[約束を胸に]板倉滉「声をからして、心痛めて」<Number Web> photograph by Atsushi Tokumaru

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Atsushi Tokumaru

グループステージ全試合に出場し、2大会連続ベスト16進出に貢献した25歳。最終ラインの主軸を担った男が自身初のW杯で掴んだ手応え、悔しさとは――。

「リハビリの過程でも、彼の口からネガティブな発言を聞いたことがないです」

 板倉滉の周囲からはそういう声“しか”聞こえてこない。

「必ず強くなってピッチに戻るから!」

 それが11月23日に初戦を迎えるカタールW杯に出場するためにサポートしてくれる人たちと板倉がかわした約束だった。

 9月12日。所属するボルシアMGの練習で、板倉はマッチアップした選手の股下に自らの足を伸ばし、ボールを奪いにいった。そこで、相手選手がバランスを崩し、板倉の左膝に倒れこみ、膝があらぬ方に曲がった。昨シーズンのブンデスリーガ2部での大活躍を受け、三顧の礼で受けいれられた1部リーグを戦うボルシアMGで、昨シーズン以上のインパクトを放ち続けている最中の悲劇。左膝の内側靱帯の損傷だった。

 アスリートの怪我のなかでもっとも痛みを感じる一つが、内側靱帯にかかわる怪我だと言われている。たとえば、25歳のときにこの箇所を初めて負傷した長谷部誠も、復帰の許可が下りた時点で相当な痛みが残っていることに驚き、神経質になっていた。

 板倉も、25歳で初めて、この箇所を痛めた。同じ怪我に苦しんだ経験のある吉田麻也にも相談に乗ってもらい、回復に効果があると言われる栄養剤を大量にゆずりうけた。

「あれを飲んでいるときが一番、膝が治っている感じがしましたね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3038文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

板倉滉
吉田麻也
浅野拓磨
遠藤航
ディディエ・ドログバ
ユリアン・ナーゲルスマン
シャルケ
カタールW杯
ワールドカップ
ブラジルW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ