Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[手負いのデュエリスト]遠藤航「不屈のリーダーとして」

posted2022/12/08 08:00

 
[手負いのデュエリスト]遠藤航「不屈のリーダーとして」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama/JMPA

大金星を挙げた初戦で陰の立役者となった中盤の要は、コスタリカ戦でも攻守に奔走し、存在感を見せつけた。敗北をステップにするためにデュエル王は牙を研ぐ。

 0-1で終わったコスタリカ戦。遠藤航は9回のボール奪取数と、パスを受けた回数も55を数え、チーム単独トップを記録した。放ったシュートの数も、トップタイの3本だった。

 だが、コスタリカ戦の遠藤のプレーの価値は、外からこの試合を見ただけではわからないことだらけである。

 例えば、脳震とうのあとに2週間ほど試合に出ていなかったから、「スタミナが切れていたのではないか」という意見があった。だが事実を知ったら、その見方は変わるかもしれない。彼はコスタリカ戦後に病院で検査を受けるほどのダメージを右ひざに負いながらプレーしていたのだから。

 あるいは、遠藤が「強引にシュートを狙いすぎていた」という意見もある。これも所属クラブでの受け取られ方は少し異なる。シュツットガルトでの自主練で遠藤はかなりの確率でミドルシュートを決めており、だから今年8月のブレーメン戦で見事なミドルシュートを決めたとき、チームメイトが驚いて“くれなかった”こともあった。つまり、彼のシュートは日本にとっても大きな武器なのだ。

 では、コスタリカ戦の遠藤に「もっとやれた」という意見があったのはなぜか。

 それは、ドイツ戦でのインパクトがあまりに強く、期待が高まっていたからだろう。

「言葉ではなく、プレーでチームを引っ張りたい」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3298文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

遠藤航
シュツットガルト
ユリアン・ナーゲルスマン
長谷部誠
シント・トロイデン
吉田麻也
原口元気
カタールW杯
ワールドカップ
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ