マルセイユ 

クラブ改革にビラスボアス就任も、マルセイユを包む無関心の正体。

フランス・フットボール通信

クラブ改革にビラスボアス就任も、
マルセイユを包む無関心の正体。

開幕戦がホームでの黒星と、オリンピック・マルセイユ(以下、OM)にとって2019-20シーズンは最悪のスタートとなった。その後、… 続きを読む

パトリック・ソウデンPatrick Sowden

海外サッカー

2019/09/12

リーグアンで圧倒的強さのPSGは、なぜフランス国民に愛されない?

フランス・フットボール通信

リーグアンで圧倒的強さのPSGは、
なぜフランス国民に愛されない?

今季のフランス・リーグアンはパリ・サンジェルマン(PSG)が優勝した。昨季に続く2連覇、2位リールに勝ち点16差をつけての圧勝… 続きを読む

パトリック・ウルビニPatrick Urbini

海外サッカー

2019/05/31

リーグ・アンでもマルセイユは別格!OMの元名物会長タピを巡る壮絶秘話。

フランス・フットボール通信

リーグ・アンでもマルセイユは別格!
OMの元名物会長タピを巡る壮絶秘話。

マルセイユは特別だとフランス人たちは言う。フランスで唯一の本物のサッカーの街。ナポリやバルセロナと相通じる熱さがマルセイ… 続きを読む

アレクサンドレ・フィーベAlexandre Fievee

海外サッカー

2019/05/19

リーグアンではVARはどういう状況?概ね肯定も、フランス全土で大議論中。

フランス・フットボール通信

リーグアンではVARはどういう状況?
概ね肯定も、フランス全土で大議論中。

ブンデスリーガやセリエAなどに続き、リーグアンでも今季からVAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)システムが導入された。それ… 続きを読む

パトリック・ソウデンPatrick Sowden

海外サッカー

2018/12/31

酒井宏樹が右SBを天職にした理由。縦の信頼関係と謙虚さ、獰猛さ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

酒井宏樹が右SBを天職にした理由。
縦の信頼関係と謙虚さ、獰猛さ。

ロシアW杯での日本の3試合を見て一番感じたのが、酒井宏樹の成長だ。柴崎岳は大会前からこの活躍は予想できたし、乾貴士も香川真… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2018/07/02

元浦和のバジール・ボリの栄光。「マルセイユは街そのものがクラブ」

フランス・フットボール通信

元浦和のバジール・ボリの栄光。
「マルセイユは街そのものがクラブ」

バジール・ボリ。日本ではJリーグ初期に浦和レッズで2シーズンを過ごし、ギド・ブッフバルトと3バックの一角を形成した選手とし… 続きを読む

トマ・シモンThomas Simon

海外サッカー

2018/06/05

酒井宏樹、マルセイユで強者となれ。フランス代表に意見、左SBも余裕。

欧州サッカーPRESS

酒井宏樹、マルセイユで強者となれ。
フランス代表に意見、左SBも余裕。

人は環境によって、変わる。酒井宏樹が、2016年夏にマルセイユへやってきた理由の1つが、勝者のメンタリティーを手にするためだ… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

海外サッカー

2018/02/21

サポーターを蹴り上げて出場停止!!エブラとカントナ、その激情の世界。

フランス・フットボール通信

サポーターを蹴り上げて出場停止!!
エブラとカントナ、その激情の世界。

11月2日、パトリス・エブラがヨーロッパリーグのギマラエス対マルセイユ戦でマルセイユサポーターに回し蹴りを喰らわせた事件は… 続きを読む

クリストフ・ラルシェChristophe Larcher

海外サッカー

2017/11/28

女子のCL決勝は2年連続PK戦決着。仏代表・守護神ブアディの意地。

フランス・フットボール通信

女子のCL決勝は2年連続PK戦決着。
仏代表・守護神ブアディの意地。

時間を少し遡るが、男子と同じくウェールズのカーディフでおこなわれた今年のUEFA女子チャンピオンズリーグ決勝、初のフランス勢… 続きを読む

トマ・シモンThomas Simon

海外サッカー

2017/06/20

“エル・ロコ”ビエルサが変わった?リールの監督就任騒動と、その後。

フランス・フットボール通信

“エル・ロコ”ビエルサが変わった?
リールの監督就任騒動と、その後。

マルセロ・ビエルサが、フランス・リーグアンのリール監督に来季就任することを、皆さんはご存じだろうか。彼自身にしか理解でき… 続きを読む

クリストフ・ラルシェChristophe Larcher

海外サッカー

2017/06/19

ページトップ