フランス・フットボール通信BACK NUMBER

リーグアンではVARはどういう状況?
概ね肯定も、フランス全土で大議論中。

posted2018/12/31 11:00

 
リーグアンではVARはどういう状況?概ね肯定も、フランス全土で大議論中。<Number Web> photograph by Frederic Mons

ビデオチェックのためには、果たして何人の、どんな人物のチェックが必要なのだろうか?

text by

パトリック・ソウデン

パトリック・ソウデンPatrick Sowden

PROFILE

photograph by

Frederic Mons

 ブンデスリーガやセリエAなどに続き、リーグアンでも今季からVAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)システムが導入された。それから半シーズンが過ぎ、ここまでの状況をどう総括できるのか? 

 大筋では悪くはない。ただし改善すべき点があるのもまた事実、というのが、『フランス・フットボール』誌が12月18日発売号で下した結論である。パトリック・ソウデン記者がレポートする。

監修:田村修一

フランスは概ねVARを肯定している。

 今季から導入されたVARは、シーズン開幕とともに話題を提供した。第1節のマルセイユ対トゥールーズ戦(4対0)で最初のゴールとなったPKは、ケルヴィン・アミアンのハンドを見逃したルディ・ブケ主審にVARが知らせて与えられたのだった。

 思わぬプレゼントにマルセイユのサポーターは大喜びだったし、トゥールーズ側はもちろん渋い顔であった。

 ただ、トゥールーズのアラン・カサノバ監督がとった態度は極めてフェアだった。

「2日前に私はVARに賛成だと宣言した。自分たちに不利な判定が出たからと言って、意見を変える気はない」と彼は語ったのだった。

 カサノバのコメントは、シーズンの半分が過ぎた時点での関係者たちの意見を概ね代表しているといえる。

 ミシェル・プラティニのような断固とした反対者を除き、フランスサッカー界はビデオ判定の導入を肯定している。

 もちろんVARは万能の特効薬ではない。

 あらゆる不正を暴き出すことができるわけではないのである。

【次ページ】 シミュレーションや不正、抗議が減る。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

VAR
トゥールーズ
マルセイユ
パリ・サンジェルマン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ