高校サッカーPRESSBACK NUMBER

「隠れてトイレの水を飲んだ」低迷していた名門校…帝京高サッカー部“最後の優勝主将”が明かす、昭和の根性練習「フルマラソンでも水飲み禁止だった」 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byKYODO

posted2024/06/03 17:05

「隠れてトイレの水を飲んだ」低迷していた名門校…帝京高サッカー部“最後の優勝主将”が明かす、昭和の根性練習「フルマラソンでも水飲み禁止だった」<Number Web> photograph by KYODO

1992年1月の高校サッカー選手権。四日市中央工高と同時優勝し、優勝旗を受ける帝京高キャプテン・日比威

「ちょうど暁星高校が注目されたんですよ。ヘッドフォンを付けてリラックスして試合に臨み、先生の前でジュースを買っても怒られない。僕たちからしたら信じられませんでした。

 東京都選抜チームで一緒になったときに、暁星の選手が試合前にウォークマンを聞いていて、『うわっ、うちの先生に怒られるぞ』とヒヤヒヤしたのを覚えてます。

 堀越高校も規則にはめられず、ゆるい感じでやっているように見えた。そういう学校に選手が流れていくのは当然だったと思います」

 言うまでもなく、選手はロボットではない。どんな成功モデルでも、選手の心が離れたらうまくいかなくなってしまう。

 子供の価値観が変化したにもかかわらず、根性論と過去に固執した。それが通用しなくなった要因だろう。

 では、日比は指導者になり、どうやって新時代の高校生の心をつかみ、新たな成功モデルを築いたのか?

 キーワードは「おにぎり」と「父母」である。

<後編に続く>

#2に続く
「有望な中学生に断られ続けた」“時代遅れ”になった名門校…帝京高サッカー部“異色の指導者”が再建に挑んだ話「縁故採用をストップした」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
帝京高校
古沼貞雄
日比威
礒貝洋光
松波正信
中田浩二
木梨憲武
小倉隆史
四日市中央工業高校
順天堂大学
三浦颯太
暁星高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ