スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

箱根駅伝シード落ち→6位復活のウラ側…早稲田大・花田監督が思い出す“瀬古さんのダメ出し”「それじゃ、足りないんじゃないか?」

posted2023/01/24 17:30

 
箱根駅伝シード落ち→6位復活のウラ側…早稲田大・花田監督が思い出す“瀬古さんのダメ出し”「それじゃ、足りないんじゃないか?」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

総合6位でゴールし、2年ぶりにシード権を獲得した早稲田大。アンカーの菅野雄太(2年)

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 早稲田 is Back!!

 箱根駅伝6位。とはいっても、それは派手な形ではなく、粛々と進められた印象だ。

 昨年6月、母校の監督に就任した花田勝彦氏はこう話す。

「実力的には7、8位くらいという読みでした。もしも、上位が崩れるようなことがあれば5位に入れるかもしれない――という予測を立てていました」

 取材に向かうと、待っていたのは花田監督のPCだった。外部の人間が滅多に見られないデータを見せてくれた。

「レース前、区間ごとに基準となるタイムを設定しますが、上方に振れた場合と、下方に振れた場合のタイムも想定しておくんです」

 今年の早稲田の場合、総合タイムのターゲットは10時間53分30秒だった。

「上方に振れた場合、10時間51分台前半、下方に振れた場合は10時間56分くらいまでを考えていました。そして実際は、10時間55分21秒でした。想定の範囲内に収まったわけですが、1区が極端なスローペースになったことも影響しているので、ほぼ想定通りの走りをしてくれたということです」

「テレビで目立たなかったのは、そういう理由もあります(笑)」

 このあと、各区間の想定と実際の走破タイムを見せてくれたのだが、まるで「花田スクール」の生徒になったような気分だった。

 驚いたのは、予測と各選手のタイムにほとんどブレがないことだった。たとえば……。

 5区 伊藤大志(2年・佐久長聖) 72分00秒→71分49秒
 6区 北村光(3年・樹徳) 58分30秒→58分58秒
 8区 伊福陽太(2年・洛南) 65分20秒→65分20秒
 9区 菖蒲敦司(3年・西京) 69分15秒→69分12秒
 10区 菅野雄太(2年・西武学園文理) 70分30秒→70分06秒

 この5人は想定の30秒以内の差に収まり、8区の伊福にいたってはそのものズバリのタイムである。花田監督の解説が続く。

【次ページ】 「テレビで目立たなかったのは、そういう理由もあります(笑)」

1 2 3 4 NEXT
早稲田大学
青山学院大学
瀬古利彦
駒澤大学
花田勝彦
鈴木創士
ステファン・マヤカ
上武大学
國學院大学
東京国際大学
順天堂大学
中央大学
立教大学
井川龍人
石塚陽士
伊藤大志
北村光
渡辺康幸
伊福陽太
菖蒲敦司
菅野雄太
大迫傑

陸上の前後の記事

ページトップ