プロ野球PRESSBACK NUMBER

“ドラフト最下位の男”が日本シリーズで好投…9年前、宮城の“小さな町”で発掘したスカウト「見つけてもうた!と叫んで鳥肌が…」 

text by

樫本ゆき

樫本ゆきYuki Kahimoto

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/10/28 11:03

“ドラフト最下位の男”が日本シリーズで好投…9年前、宮城の“小さな町”で発掘したスカウト「見つけてもうた!と叫んで鳥肌が…」<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

2013年ドラフトで楽天から9位指名を受けた今野龍太。左は上岡良一スカウト、右は安部井寛スカウト部長(いずれも当時)

 日本シリーズに2年連続でメンバー入りし、リリーバーとしてブルペンで待機する今野。プロで活躍するために必要なことを聞くと即答した。

「人間性です。入ってしまえば順位は関係ないプロ野球ですが、そこから活躍できるかどうかは『人間性』で決まると思います。性格もプレーに出るんです。裏表のある人間はチームからも信頼されない。見習いたい選手は嶋さんですね」

 プロに入って9年。思えば、新人合同自主トレのとき、緊張でガチガチな自分の球を一番最初に受けてくれたのが当時楽天の嶋基宏だった。その嶋が同じヤクルトの選手として、今季ユニホームを脱ぐ場に立ち会えたのも何かのめぐりあわせだろう。

「引退セレモニーのとき『頑張れよ』と一言声をかけてもらいました。嶋さんには、誰からも慕われる人間性がありました」と感謝を込めて話す。

「見てくれている人は、どこにでもいる」

 今野の野球人生は、本人も認めているように決して華やかとは言えない。それでも日陰でコツコツと日々奮闘していることは確かだ。その姿にファンや岩出山の住民も心を動かされるのだろう。最後に、今野の仕事ぶりを表すエピソードを、元スカウトの上岡が教えてくれた。

「去年、日本一になったヤクルトですが、シーズンMVPの投票結果を見て下さい。今野に2票、票が入っていたんですよ。これが僕にとって一番うれしかった出来事ですね。断トツ1位は村上宗隆君でしたが、その陰で今野の頑張りを評価してくれた記者がいて、2票投じてくれた。見てくれている人は、どこにでもいるんですね」

 奢らず、腐らず。その「仕事」を見ればこう思わずにはいられない。ヤクルトに今野龍太は欠かせない、と。

#2に続くヤクルト今野龍太の母校も休部に…急増する「少人数野球部」のリアルとは?「20点、30点取られますし、心折れそうになります。でも…」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
今野龍太
上岡良一
安部井寛
相原正美
内山壮真
嶋基宏
東京ヤクルトスワローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
岩出山高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ