サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

常連組に気後れして“お客さん”のような立ち位置に…谷口彰悟がいま明かす代表初招集時の苦い記憶「日本代表の重みを理解していなかった」 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2022/09/22 17:03

常連組に気後れして“お客さん”のような立ち位置に…谷口彰悟がいま明かす代表初招集時の苦い記憶「日本代表の重みを理解していなかった」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2015年6月のイラク戦で日本代表初出場を飾ったプロ2年目の谷口彰悟(当時23歳)。しかし、ここから代表に定着することはできなかった

「呼ばれないことには、何か理由があると思っていました。自分に矢印を向けて、もっと何かを変えていかないといけない。また呼ばれるためにはどうしたらいいのか。それを考えながらずっとやっていましたね」

約3年半ぶりの招集「チャンスを死んでも逃さない」

 18年、19年、20年……。チームは国内タイトルを取り続けた。自身のパフォーマンスも高いレベルを維持できているつもりだった。しかし、代表の門は閉じられたまま。かといって理由を訊くこともできない。自問自答を繰り返し、気づけば代表の空白期間は3年にも達していた。

「その期間は苦しかったです。チームの失点を減らして優勝しても代表に呼ばれないんですから。ここまでやって『なんで?』という思いもありました。『もう自分に代表は無理かな。縁がないのかも』と思ったこともあります」

 それだけに日本代表に返り咲いた瞬間は、忘れられない。

 2021年5月。Jリーグで圧倒的な強さを見せる王者のディフェンスリーダーとして、満を辞しての森保ジャパン初招集だった。「素直にうれしく、光栄に思います。ほぼ初めて(招集された)くらいの感覚です」と、3年5カ月ぶりとなる代表復帰を噛み締めた。

 ついに開いた代表の門。いや、自らこじ開けたと表現してもいいのかもしれない。

 だから、日の丸をつけてプレーすることに、誰よりも貪欲になろうと思った。あんな後悔はもうしたくないからだ。胸に秘めている力強い思いを、言葉に込めた。

「ようやく昨年、呼んでもらえました。このチャンスを死んでも逃したくない。そういう思いがありますね。自分のサッカー人生の全てをかけてポジションを勝ち取る。何が何でも代表に選ばれ続けるようにしたい。いま思うと、2015年の経験がそうさせていると思います」

  長く苦しいトンネルの中でも、谷口彰悟は自分を見失うことはなかった。そしてあの頃にはなかった執着心と野心を胸に秘めて、サッカーと日の丸に向き合い続けている。#2#3へ続く>

#2に続く「やっぱり海外組か、と言われるのは本望ではない」谷口彰悟がE-1選手権で示した“国内組の矜持”とは? 舞台裏では主将として猛ゲキ

関連記事

BACK 1 2 3 4
谷口彰悟
川崎フロンターレ
ジェジエウ
ヴァイッド・ハリルホジッチ
森保一
香川真司
本田圭佑
岡崎慎司
長友佑都
長谷部誠
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ