熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

「レアル・マドリーで久保建英(市場価格12億円)のはるか先にいる男」ロドリゴ21歳が“54億円の超新星”に上り詰めるまで 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2022/06/04 17:00

「レアル・マドリーで久保建英(市場価格12億円)のはるか先にいる男」ロドリゴ21歳が“54億円の超新星”に上り詰めるまで<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

久保建英とロドリゴ。レアル・マドリーが保有権を持つ2人の出世争いはどうなるか

 体調が万全となった今季は、リーグ戦で33試合に出場して4得点5アシスト、欧州CLでは11試合5得点2アシスト。カップ戦も合わせると、49試合に出場して9得点10アシストとキャリアハイを記録した。出場した試合のうち先発したのが半分強の25試合で、着実にレギュラーへの階段を登っている。

 ブラジル代表では、2020年10月の2022年W杯南米予選第1節ボリビア戦に途中出場。その後、招集外が続いたが、今年2月、パラグアイ戦の終盤に投入されて初得点をあげ、3月のボリビア戦にも途中出場と、徐々に出場機会を増やしている。

 そして、6月のアジア遠征(2日に対韓国代表、6日に対日本代表)の出場メンバーに選ばれた。この遠征でのプレー内容次第では、今年のW杯出場が濃厚となる。

マドリーでさらなる成長を遂げれば……

 来季はレアル・マドリーでさらなる成長を遂げ、絶対的なレギュラーとなることが期待されている。もしそうなれば、久保のレアル・マドリー復帰への道はさらに険しくなりかねない。

 ちなみに5月時点の市場価格の目安は、ロドリゴが4000万ユーロ(約54億7000万円)で久保が900万ユーロ(約12億2000万円)だ。

 ロドリゴは、5月28日の欧州CL決勝に出場した後、代表のアジア遠征へ急行した。6月2日の韓国戦には出場しなかったが、6日の日本戦には十分に間に合うだろう。

 6月6日の夜、彼が東京・国立競技場のピッチに立つようなら、“白い巨人”で現時点では久保建英のはるか先を行く男のプレーに目を凝らしていただきたい。

 第2回ではブラジル代表を率いるチッチ監督の人間性と“日本評”について触れる。

#2に続く>

#2に続くブラジル指揮官には「日本代表監督就任オファー」があった? 取材記者が知る「親日家の名将チッチ」〈ネイマールも涙した人間力〉

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
久保建英
ロドリゴ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ