ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

「勝ち点4が日本の限界」トルシエがW杯ベスト16に進む確率を「50%」と計算する理由「彼らはドイツにコンプレックスを抱いてない」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byKenji Tanaka/JMPA

posted2022/04/22 17:04

「勝ち点4が日本の限界」トルシエがW杯ベスト16に進む確率を「50%」と計算する理由「彼らはドイツにコンプレックスを抱いてない」<Number Web> photograph by Kenji Tanaka/JMPA

最終予選を2位で勝ち上がった日本代表。カタールW杯では優勝候補のドイツとスペインがいるグループを戦う

――初戦がすべてだということですね。

「それからスペイン対ドイツ戦の結果にもよる」

――日本がグループリーグを突破した場合、ラウンド16の対戦相手は前回のロシアW杯同様にベルギーとなる可能性が高いです。

「理屈の上ではベルギーだ。日本がセカンドラウンドに進出したら、それはよい準備をした結果といえるだろう。グループリーグでドイツ、スペインと対戦したうえでさらにベルギーと対戦するのは、最高の準備をした結果でしかあり得ない。

 3カ国はいずれもヨーロッパのチームだ。日本にはすでにベルギーとの対戦経験がある。リベンジの気持ちが強いうえにベルギーに対する経験も豊富だ。グループリーグでドイツやスペインと戦っているのもアドバンテージで、ベルギー戦のいい準備になる。日本にはそれらのチームと戦えるだけの能力がある。それはすでに証明している。ドイツやベルギー、フランスといったチームとの対戦を重ねていい結果を残している」

ドイツとベルギーの共通点

――しかしベルギーも日本には慎重になりませんか。ロシアW杯では次(準々決勝)の相手になるであろうブラジルにばかり気を取られて、無警戒な日本に危うく足を掬われるところでしたから。

「その通りで用心深くなるだろう。そこはドイツも同様で日本に慎重になる。だからこそ試合は拮抗する。ドイツが心理的に解放されていないからだ。彼らは日本が危険な存在であることを理解している。日本はドイツを混乱させることは十分に可能だし、ベルギー戦もその点は変わらない。ベルギーとドイツは共通点が多い。ともにフィジカルが強くプレーはダイレクトだ。ブラジルのようなテクニックはない。日本が対処しやすいタイプのサッカーだ」

<#3に続く>

#3に続く「6月は選手を休ませるべき」「久保や三笘、中山にはプレーの機会が必要」トルシエが森保監督にアドバイスするW杯までの“理想的な準備”とは

関連記事

BACK 1 2 3 4
フィリップ・トルシエ
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ