Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[天才打者が挑む壁]山田哲人「僕が本当に欲しいもの」

posted2022/03/17 07:01

 
[天才打者が挑む壁]山田哲人「僕が本当に欲しいもの」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

プロ野球史上唯一の金字塔を打ち立てた男をして、今季こそ最も手にしたいタイトルがあるという。ゴールデン・グラブ――球界最高の二塁手の勲章。“ミスター・トリプルスリー”は何故それを望むのか。

 山田哲人が今、何より欲しいもの。それは「ゴールデン・グラブ賞」だという。

「今年獲れたら、めちゃくちゃ嬉しい。うん。もしかしたらどのタイトルより嬉しいんじゃないかな」

 2月、沖縄・浦添キャンプの陽射しに焼けた肌を光らせ、熱っぽく訴えた。

「ここ数年、お前のプレーいいぞ、って褒められるんですよ。監督からもコーチからも。すごく嬉しいんですけど、“物”として欲しい。頑張った証として。世間からも認められたいんです」

 日本プロ野球史上ただ一人「トリプルスリー」を3度達成し、本塁打王、最多安打、盗塁王、ベストナイン、MVPなど、あらゆるタイトルを手にしてきた。昨シーズンはそのコレクションに、主将として率いたチームの20年ぶりの日本一と、野球日本代表として東京五輪で獲得した金メダルまで加えてみせた。

 球界を代表する天才打者が、喉から手がでるほど欲しがる「守備」のタイトル。その前には、いつも高すぎる壁が立ちはだかってきた。セ・リーグの二塁手部門で、昨シーズンまで9年連続9度も受賞している広島の菊池涼介だ。守備範囲の広さや正確無比なプレーはもちろん、ダイビングキャッチなどビッグプレーでも魅せる。現場取材5年以上の記者による投票で決まるゴールデン・グラブ賞レースで、山田はここ数年、常に後塵を拝してきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3143文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
山田哲人
菊池涼介
三木肇

プロ野球の前後の記事

ページトップ