Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[楽しく! 連覇へ!]高津臣吾「騒がしい日々の始まりに」

posted2022/03/17 07:02

 
[楽しく! 連覇へ!]高津臣吾「騒がしい日々の始まりに」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

「とにかく、楽しく、元気よく」をモットーに掲げる笑顔の指揮官は、22歳の4番打者に大いなる期待を寄せ、20歳のエース候補に温かい視線を送る。連覇の難しさを知る男は粒揃いの燕軍団をいかに率い、どんな秘策を練っているのか。

「沖縄、よく眠れるんですよ。キャンプって朝が早いから、体が疲れているというのもあるけど、まだ試合に入ってないから気持ちがピリピリしてない。あと、ベッドがいいからかな」

 連覇を目指す高津臣吾監督は、笑みを見せながらそう話した。シーズン中は眠りが浅く、2時間単位で目が覚めてしまう。

「ストレスなのか、歳をとったからなのか、ちょっと分からない。でも、キャンプの時はこれだけ眠れるんだから、シーズンを戦う監督って激務ということなんでしょう」

 自分のことを客観的に語るが、ことチームのことになると、言葉が熱を帯びる。

「連覇の難しさは、自分自身が体験してよく知っています。勝つなんて簡単じゃないので、今季、大切にしたい言葉は基本、基礎、謙虚。これは自分に言い聞かせている意味合いも強いです。ただ、今年も選手は間違いなくやってくれるでしょう。山田(哲人)、打ちます。オスナとサンタナ、これもやります。55番村上(宗隆)、間違いなく打ちます。奥川(恭伸)、これも投げます。だからこそ、僕がしっかりマネージメントしなければいけない。選手の働きを生かすも殺すも、僕次第。去年は探りながら采配をふるっていた感じだけれど、今年はより繊細に点を取る、点を防ぐために適切な指示、起用、戦略を採っていくつもりです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5317文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
高津臣吾
古田敦也
村上宗隆
奥川恭伸
野村克也

プロ野球の前後の記事

ページトップ