Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[求道者が語るリベンジの舞台裏]堀島行真「次は競技に100%の比重を」

posted2022/02/25 07:01

 
[求道者が語るリベンジの舞台裏]堀島行真「次は競技に100%の比重を」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

メダルを逃した平昌から4年後の北京で、笑顔が咲いた理想高き求道者。だが、その目元には、涙の跡があった。流した涙の理由とは? その舞台裏を本人が振り返る。

 2月5日にフリースタイルスキー男子モーグルで日本選手団第1号のメダルを獲得した堀島行真はその翌日、選手村内のインタビュールームに姿を現した。レースでの気迫あふれる表情とは打って変わり、穏やかに大会を振り返った。

 ゴール後に両拳を高く突き上げ、メダルセレモニーでは頬が緩み笑顔を見せた堀島だが、「何度も泣きました」と語る。

 今シーズンの堀島はワールドカップ全戦で表彰台に上がり、五輪種目のモーグルだけに限定すると7戦中3勝。W杯総合順位は1位と僅差の2位、「金メダルも狙える」と期待を集める中で迎えた大会だった。

 いざ4年に一度の祭典が始まると、想定はもろくも崩れ去る。10位までに入ればストレートに決勝へと進める2月3日の予選1回目は16位。2月5日の予選2回目に臨まなければならなくなったのだ。

「(5日の)朝起きたときや会場入りするときに涙が出てきました」

 日本のエースの胸中に緊張と不安が募る。失敗を想像すると、隠してきた感情が溢れ出た。

「予選でもう1回失敗したら、前回より悪いことになる、前回よりよくしたいと思ってやってきたのにと思うと……。強がっていたけれど、4年間、辛かったんだな、と感じました」

 前回――'18年平昌五輪でもメダルを有力視されたが決勝2回目で転倒し11位。あの残像を乗り越えるため、北京にやってきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1792文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

堀島行真
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック
平昌五輪

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ