Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[北京入り後の逡巡]冨田せな「トラウマを乗り越えた先に」

posted2022/02/25 07:00

 
[北京入り後の逡巡]冨田せな「トラウマを乗り越えた先に」<Number Web> photograph by AFLO

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

AFLO

本当なら心浮き立つはずの晴れ舞台に立った時、脳裏に蘇ってきたのは2年前の忌まわしい記憶。ハーフパイプ日本女子初メダルの快挙の裏には、恐怖を意志の力で克服せんとする闘いがあった。

 恐怖心との戦いを制してのメダル獲得だった。スノーボード女子ハーフパイプで銅メダルに輝いた冨田せなは、「うれしいのと同時にすごく驚いている。1本目からやりたかったルーティンを決められたことがすごく大きくて、その後の2本目、3本目と攻めて滑ることができた」と瞳を潤ませた。

 3本滑った中の最高点で競うハーフパイプ。1本目の滑走で締めくくりのトリックとして入れた「フロントサイド1080(横3回転)」を成功させたことが、勝負の分岐点となった。

 高さは申し分なく、着地はビタビタ。86.00点を出して2位発進すると、2本目は最高到達点を1本目より上げて88.25点とした。連覇を達成したクロエ・キム(米国)、2位のケラルト・カステリェト(スペイン)には及ばなかったが、3位で表彰台に上った。

 この種目で日本女子初のメダル獲得とあってチームジャパンは選手とスタッフがこぞって沸き上がったが、取材エリアにやってきた冨田は控えめな微笑みだった。

「練習から調子が良くて、自信を持って『テン・エイティー(1080)』を打てた。点数の目標はなく、練習してきたことをやりきって、それに結果がついてくればよいと思っていました」

 パイプをかっ飛ぶダイナミックなパフォーマンスとのギャップに驚かされるほど穏やかな口調。それは、歓喜と同時に安堵の気持ちが広がっていたからだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1573文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

冨田せな
冨田るき
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ